兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
反落後、底堅い展開か
【オープニングコメント】
反落後、底堅い展開か
12日の日経平均株価は反落後、底堅い推移となりそう。
日経平均株価の予想レンジ:2万7900円−2万8200円。
11日の米国株は下落。ダウ平均は89ドル安の31008ドルで取引を終えた。先週末の8日は56ドル高と上昇したが、週明けは高値警戒感から目先の利益を確定する売りが優勢となった。米国株は下げたが2日間でみればほぼフラット。ドル円が円安に振れていることもあり、日本株へのネガティブな影響は限られるだろう。
日経平均株価は前週末8日、心理的なフシ目の2万8000円を突破し、30年5カ月ぶりの水準を回復した。前週の7日と8日の2営業日で1080円強の値上がりとなった反動や、利益確定売りなどが先行しそうだ。
ただ、急速な上昇だったこともあり、買い遅れた投資家も多いとみられ、押し目を拾う動きから、下げ渋る場面も想定される。
為替相場は、ドル・円が1ドル=104円台の前半(前週末8日終値は103円97−98銭)と円安に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=126円台の半ば(同127円24−28銭)と円高方向にある。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、前週末8日の大阪取引所清算値比120円安の2万8020円だった。
 
 
【好材料銘柄】
 
■ファーストブラザーズ <3454>
今期経常は2.2倍増益、3円増配へ。
 
■東海ソフト <4430>
9-11月期(2Q)経常は40%増益。
 
■サーバーワークス <4434>
東証が15日付で東証1部に市場変更する。
 
■前澤工業 <6489>
今期経常を一転26%増益に上方修正、配当も2円増額。
 
■旭化学工業 <7928>
今期経常を79%上方修正。
 
■ローソン <2651>
3-11月期(3Q累計)経常は38%減益・通期計画を超過。
 
■ワッツ <2735>
12月既存店売上高は前年同月比3.6%増と3ヵ月連続で前年実績を上回った。
 
■レッド・プラネット・ジャパン <3350>
ホテル「レッドプラネット沖縄那覇」の運営終了に伴い、21年12月期第1四半期にリース債務の消滅による特別利益約12億円を計上する。
 
■メディア工房 <3815>
9-11月期(1Q)経常は5倍増益で着地。
 
■トーヨーアサノ <5271>
3-11月期(3Q累計)経常が24%増益で着地・9-11月期も26倍増益。
 
■良品計画 <7453>
9-11月期(1Q)経常は134億円。
 
 
 
【主な経済指標・スケジュール】
 
12(火)
【国内】
12月景気ウォッチャー調査(14:00)
《決算発表》
セブン&アイHD、安川電、東宝、コスモス薬品、イオンモール、マニー、クリエイトSDH、ライフコーポ、U.S.M.H、技研製、竹内製作、コーナン商事、トーセイ、歌舞伎、CSP、PRTIMES、ライク、アレンザHD、コシダカHD、三栄建築、スタジオアリス、チームスピリト、進和、カネ美食品、トランザクショ、AIT、インタアクション、タキヒヨー、ライトオン、エヌピーシー、中本パクス、ワッツ、東洋電、中北製、三光合成、黒谷、エルテス、メディカネット
 
【海外】
予定はありません
 
※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。
 
a