兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
極意!スクリーニングの仕方

株を見つけるオススメの方法は「まず会社を見る。それから株価」ですが、テーマから探すと何十社も並んで、当たりを付けられないこともよくあります。
そんな時に有効なのが、スクリーニングです。

スクリーニングとは「ふるいにかけること」。
4000近い上場銘柄の中から、条件に合う銘柄を選ぶ方法です。
これは証券会社や投資情報会社のホームページなどで簡単にできます。
東証1部とかマザーズとかの市場を決めて、「ガン・製薬」や「自動運転」などのキーワードを入れ、経営指標など条件を選べば、すぐに対象となる銘柄が出てきます。
 

重要なのは条件設定。
「ファンダメンタルズ」と「テクニカル」の2つがあります。
ファンダメンタルズの条件は「PER、PBR、ROE、配当利回り」などの指標を設定します。

例えば「PER5倍〜15倍、PBR1〜1.2倍、ROE10%以上、配当利回り3%以上」などの条件を設定すると、好業績かつ配当もしっかりある企業を選べます。

テクニカルは「過去の株価の値動き」から設定します。
例えば「25日線からマイナス5%かい離、200日線から10%プラスかい離、年初来高値からの騰落率」等、複数条件で設定することも可能です。

投資情報ベンダーのホームページなどでは「今後有望視されているテーマ別スクリーニング」という便利なものもあります。自分の投資条件に合った銘柄を見つけるという視点で使うと良いでしょう。

ただし、出てきた結果はあくまで「銘柄名と証券コード」という無機質なもの。
感性に合った銘柄と出会ったときは、情報を鵜呑みにするのではなく、その企業のホームページを確認し、決算短信、会社説明会資料などを一読しましょう。
銘柄に息吹を与えることが大切です。

【株式名言】
割安に買いなし。割高に売りなし


株ちゃんの明日読み
様子見ムードが強まるか

様子見ムードが強まるか

  あす7日の東京株式市場は、為替にらみの展開が続こう。 米国ツートップの発言機会を前に様子見ムードが強まると予想する。 あす7日の米国では、パウエルFRB議長の講演とバイデン大統領による一般教書演説が予定されている。 日経平均はきょう2万7500円を大きく上回ってきただけに、節目より上をキープできるかが注目される。   6日未明の日銀次期総裁を巡る報道で円相場は一時1ドル=132円台半ば(前週末3日の東京市場午後5時時点で128円59−62銭)まで円安・ドル高が進行した。 政府が現日銀副総裁の雨宮正佳氏に次期総裁を打診したとの観測報道が株高をも...

相場概況(大引け)
184円高と4日続伸、午後は伸び悩む円安一服で
東京株式(大引け)=184円高と4日続伸、午後は伸び悩む円安一服で

【大引け概況】 6日の日経平均株価は4日続伸し、前週末比184円19銭(0.67%)高の2万7693円65銭で終えた。   本日のマーケット動画 時間:00:00:53 容量:12.17M 過去のマーケット動画はこちら    3日の米国株は、強い内容となった1月雇用統計や、決算を発表したアマゾンの大幅安などを嫌気して下落した。ただ、日本株はアマゾン株の下落などは織り込み済みで、為替市場でドル高・円安が進行したことや、日銀後任総裁に関する観測報道が出てきたことを好感した買いが入った...

東証スタンダード(大引け)
値上がり優勢、円安進行を支え
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値上がり優勢、円安進行を支え

  東証スタンダード市場は前週末3日に発表された1月の米雇用統計の内容を受け、米連邦準備理事会(FRB)による早期の利上げ打ち止め観測が後退し、米長期金利が上昇した。6日の株式市場は高PER(株価収益率)のグロース(成長)株を中心に売りが出た。ただ、外国為替市場での円安進行を支えに堅調に推移した。スタンダードTOP20は続落。出来高1億9101万株。値上がり銘柄数696、値下がり銘柄数524と、値上がりが優勢だった。    個別ではシーズメン、東和ハイシステム、新東、靜甲、ダイワ通信など6銘柄がストップ高。CAPITAは一時ストップ高と値を飛ばし...

東証グロース(大引け)
値下がり優勢、金利上昇が重し
【市況】東証グロース(大引け)=値下がり優勢、金利上昇が重し

東証グロース市場は金利上昇が高バリュエーション株の重しとなり、東証マザーズ指数は続落して終わった。東証マザーズ指数、グロースCoreは軟調。東証マザーズ指数の終値は前週末比7.38ポイント(0.94%)安い776.37だった。   M&A総研が売られ、スカイマークは大幅反落。マイクロ波化が小安く、フリー、SOSEIも軟調。半面、monoAIが小締まり、ELEMENTSは大幅高。EDPが堅調で、AIAIは上伸した。 値上がり銘柄数207、値下がり銘柄数272と、値下がりが優勢だった。 新興企業市場はドル高・円安の恩恵を受ける銘柄も相対的に少ない上、この日は「商社や...

コラム
英明コラム 2月第1週 マーケットストラテジーメモ
「英明コラム 2月第1週 マーケットストラテジーメモ」

《マーケットストラテジーメモ一覧へ》 《マーケットストラテジーメモ》2月 第1週   30 日(月): 週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。インテルが6.4%安。シェブロンが4.4%安。週間ではS&P500とNYダウが過去4週間で3週上昇。NASDAQ総合は4週連続高。12月の個人消費支出(PCE)は前月比0.2%減少。ミシガン大学発表の1月の1年先の期待インフレ率(確報値)は3.9%。   日経平均株価は50円高の27433円と続伸。週末のNY株高を受けて買い物優勢となった。もっ...

アフターランチ
「ダヴォス会議の総括」
「ダヴォス会議の総括」

「ダヴォス会議の総括」 世界経済フォーラムがまとめた今年のダヴォス会議の総括。 「ダボス年次総会2023:都市と地域経済の未来」 ↓ https://jp.weforum.org/agenda/2023/01/dabosu-2023-to-no-e7837964d7/ (1)今年の年次総会では、都市開発と地域経済の改善に向けた、都市主導の取り組みが紹介されました。 (2)自然とサーキュラリティーは、都市における気候変動対策の未来を握る鍵です。 (3)都市変革を推進するテクノロジーには、シェアード・ガバナンスが必要不可欠です。 ダ...

東証プライム(前場)
続伸 日銀の次期総裁報道で円安
東証プライム市場(前引け)=続伸 日銀の次期総裁報道で円安

    6日午前の日経平均株価は続伸し、前週末比292円51銭(1.06%)高の2万7801円97銭、東証株価指数(TOPIX)は12.02ポイント高の1982.28といずれも続伸で午前の取引を終えた。   きょう前場は総じて買い優勢の地合いとなった。前週末の米国株市場では1月の雇用統計発表を受け金融引き締め長期化を警戒する動きとなり、NYダウやナスダック総合株価指数は下落した。しかし、外国為替市場で急速にドル高・円安が進んだことが東京株式市場では輸出株を中心に追い風となった。先物主導のインデックス買いが観測されたほか、自動車や海運など円安メ...

東証スタンダード(前場)
値上がり優勢、日米金利差の拡大が意識された
【市況】東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、日米金利差の拡大が意識された

  東証スタンダード市場は米国の長期金利が上昇して日米金利差の拡大が意識されたほか、次期日銀総裁を巡る報道で大規模金融緩和策が継続するとの思惑が広がったことで外国為替市場の円安・ドル高が大幅に進み、幅広い銘柄に買いが入った。スタンダードTOP20は続落。出来高1億2119万株。 値上がり銘柄数664、値下がり銘柄数511と、値上がりが優勢だった。   個別では、東和ハイシステム、ダイワ通信がストップ高。CAPITAは一時ストップ高と値を飛ばした。nms ホールディングス、AFC−HDアムスライフサイエンス、WDI、スガイ化学工業、神鋼鋼線工業など19銘...

東証グロース(前場)
売り買い拮抗、米長期金利上昇が重荷
【市況】東証グロース(前引け)=売り買い拮抗、米長期金利上昇が重荷

  東証グロース市場は東証マザーズ指数、グロースCoreは軟調。東証マザーズ指数の前引けは前週末比2.74ポイント(0.35%)安い781.01だった。 前週末3日発表の1月の米雇用統計が市場予想を上回る堅調な内容となり、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ打ち止め観測が後退し、米長期金利が上昇。マザーズ指数を構成する高PER(株価収益率)のグロース(成長)株の重荷となった。   日銀の次期総裁人事に関する報道を受け、6日の東京外国為替市場では円安・ドル高が進行した。市場では「中小型株は内需株が多く、円安基調の恩恵は少ないとの見方が優勢のようだ」との声が...

Eimei みちしるべ
みちしるべ 23年02月06日号


相場概況(寄り付き後)
続伸スタート、円安・ドル高で
【市況】東京株式(寄り付き)=続伸スタート、円安・ドル高で

【寄り付き概況】 6日の日経平均株価は続伸して始まった。始値は前週末比255円20銭高の2万7764円66銭。東証株価指数(TOPIX)は、14.02ポイント高の1984.28で始まった。 前週末の米国株市場では注目された1月の米雇用統計が事前予想を上回る強い内容を示したことから、FRBの金融引き締めに対する警戒感が再浮上し、ハイテク株を中心に下げる銘柄が目立った。NYダウ、ナスダック総合株価指数など主要株指数が揃って下落したことはきょうの東京株式市場にとってもネガティブとなっている。 1月下旬以降、日経平均は2万7000円台前半でのもみ合いが続いていたことで目先...

a