兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
主力銘柄が軒並み安
【市況】東京株式(後場寄り付き)=主力銘柄が軒並み安
【後場寄り付き概況】

日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)はともに底ばい。米国株安を嫌気した前場の地合いを引き継ぎ、電気機器や銀行など各業種の主力銘柄が軒並み値下がりしている。
 
個別では、ソフトバンクGが前日比5%前後の急落。ソニー、東エレクが下値でもみ合い、トヨタ、ホンダも安い。三菱UFJの売りが厚く、三井住友も大幅安。NTT、KDDIもさえない。
 
一方、日本電産が小幅ながらプラス圏に浮上し、NECは堅調。日本製鉄は小幅高。
 
金融緩和で膨らんだ投資マネーのローテーションは続くし、日本では日銀による上場投資信託(ETF)買い入れも株価の下支えとして機能する。日経平均は大幅な調整を強いられず、目先23000円を挟んだもみ合いになると予想する。
 
a