兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
堅調展開か
【オープニングコメント】
堅調展開か
 
12日の日経平均株価は、堅調な値動きが期待される。
前週末9日は週末要因などから上値が重かったものの、底堅く推移していたことから、しっかりした展開となりそう。
日経平均株価の予想レンジは、2万3500円−2万3800円。
10月限SQ(特別清算指数)値の2万3724円23銭近辺では、戻り待ちの売りに上値を抑えられる格好となることも想定される。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、同9日の大阪取引所終値比10円安の2万3560円だった。
 
9日のNYダウ工業株30種平均は3日続伸した。前日比161ドル高い2万8586ドルと約1カ月ぶりの高値で引けた。追加経済対策を巡りトランプ米大統領が政府案の規模を1.8兆ドルに引き上げたと伝わった。米民主党案への歩み寄りの姿勢が好感され、買いが入った。
 
フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は史上最高値を更新。半導体市況の回復感を背景に、このところ半導体株の強さが目立つ。きょうの日本市場でも東京エレクトロン(8035)など値がさの半導体関連に買いが入り、指数を押し上げそうだ。
 
為替相場は、ドル・円が1ドル=105円台の半ば(前週末9日終値は105円93−94銭)とやや円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=124円台の後半(同124円75−79銭)と小動き。
 
きょうは、コロンバスデーの祝日で米債券・外為市場は休場となる。
 
 
【好材料銘柄】
 
■ライク <2462>
21年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は前年同期比69.3%増の10.8億円に拡大し、通期計画の41億円に対する進捗率は26.5%に達し、5年平均の20.3%も上回った。
 
■ブロッコリー<2706>
上期経常が83%増益で着地・6-8月期も34%増益。
 
■アズ企画設計<3490>
上期経常が赤字縮小で着地・6-8月期は黒字浮上。
 
■セラク<6199>
前期経常を49%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も1.2円増額。
 
■養命酒製造<2540>
上期経常を63%上方修正。
 
■ジンズホールディングス<3046>
今期経常は33%増で2期ぶり最高益、32円増配へ。
 
■ロゼッタ<6182>
SynamonとVRシステムの開発で資本業務提携。
 
■イチネンホールディングス<9619>
上期経常を一転5%増益に上方修正・最高益、通期も増額。
 
■セントラル警備保障<9740>
上期経常は26%増益で上振れ着地。
 
■ヤマザワ<9993>
上期経常は5.8倍増益で上振れ着地。
 
 
【主な経済指標・スケジュール】
 
12(月)
【国内】
9月企業物価指数(8:50)
8月機械受注(8:50)
《決算発表》
コスモス薬品、コーナン商事、アレンザHD、ヨンドシーHD、タマホーム、進和、スタジオアリス、AIT、ヒトコムHD、インタアクション、イージェイHD、サインポスト、トライステージ、中本パクス、AVANTIA、PCNET、東洋電、前沢工、エヌピーシー、メディカネット
 
【海外】
IMF・世銀年次総会(〜10/18)
 


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。
a