兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は4日続伸、好材料銘柄に買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は4日続伸、好材料銘柄に買い
日経ジャスダック平均は4日続伸した。前日比8円58銭高の3332円68銭だった。
前日のNYダウ続伸を受け、引き続き投資家心理は良好、夢真ホールディングスなど個別材料のあった人材関連や医薬の一部に買いが入り、相場をけん引した。
ただ、ジャスダック平均は3日上昇していることや、目立っていたワークマンなど時価総額が大きい銘柄に売りが出たことで、上値の重い展開となっている。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で259億円、売買高は3186万株。
値上がり銘柄数は313、値下がり銘柄数は216となった。
 
個別では、OSGコーポレーションがストップ高となり、スパンクリートコーポレーションは一時ストップ高となった。マサル、夢真ホールディングス、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション、アーバネットコーポレーション、ジーダットなど10銘柄は年初来高値を更新した。ニッパンレンタル、ジャパンシステム、KVK、ニックス、地域新聞社が買われた。
 
一方、アクシーズ、大村紙業、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、総合商研が年初来安値を更新した。平山ホールディングス、サンリン、アストマックス、マリオン、アテクトが売られた。
 
a