兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
堅調展開か
【オープニングコメント】
堅調展開か


24日の東京株式市場は、堅調な展開となりそう。
日経平均株価の予想レンジは、2万7900円−2万8400円を想定。(22日終値2万8115円74銭)
米国株は22日、23日と連日で上昇。ダウ平均は22日に397ドル高と大きく上昇し、23日は95ドル高の34194ドルで取引を終えた。
22日の日経平均株価は続伸し、終値ベースで4日ぶりに2万8000円を回復。心理的なフシ目を超えたことで、投資家心理の好転が期待される。

東京株式市場が休場の間の米国株が強かったことから、日本株も水準を切り上げる展開を予想する。
米国は感謝祭で休場だが、感謝祭明けはブラックフライデーに突入する。楽観ムードが高まる材料がそろっており、米国株高を受けて高く始まった後も、強い基調が続くだろう。

開催中のサッカーワールドカップで、日本がドイツに勝利したことから、アシックスやミズノ 、コナミG などの、関連銘柄が物色される場面も想定される。

為替相場は、ドル・円が1ドル=139円台の半ば(22日は141円80−82銭)、ユーロ・円が1ユーロ=145円台の前半(同145円56−60銭)と円高方向に振れている。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、22日の大阪取引所清算値比225円高の2万8345円だった。


【好材料銘柄】

■塩野義製薬<4507>
新型コロナウイルス感染症治療薬「ゾコーバ」の緊急承認制度に基づく製造販売承認を取得。

■タムロン<7740>
今期配当を28円増額修正。

■Ubicomホールディングス<3937>
出資先であるELEMENTSの東証グロース市場への新規上場が承認。また、イスラエルの次世代技術パイオニア企業であるSIXAIとAIソリューション開発および人材育成における業務提携に向けた覚書を締結。

■オークネット<3964>
今期配当を1円増額修正。また、発行済み株式数の5.36%にあたる150万株の自社株を消却する。消却予定日は11月30日。

■サイボウズ<4776>
10月の売上高は前年同月比23..0%増、営業利益は同69.4%増。




【主な経済指標・スケジュール】

24(木)
【国内】
10月全国百貨店売上高

【海外】
休場:米国(感謝祭)

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。
a