兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
「地政学も変わる」
「地政学も変わる」
 
「地政学も変わる」
 
週末のNY株式市場で主要株価指数は揃って反発。
背景は好調な企業決算とワクチン開発への期待感。
民主党新型コロナ対策本部が「感染抑制に向け全土で経済活動は停止せず。
特定の地域に絞った対策に重点を置く」と表明。
「全面的なロックダウン回避の方針が市場で好感された」との見方だ。
S&P500と小型株で構成されるラッセル2000は終値ベースの最高値を更新。
週間ではS&P500が2.2%、NYダウが4%上昇。
ただNASDAQは0.6%下落。
10月の卸売物価指数(PPI)は前月比0.3%上昇と6カ月連続で伸びた。
11月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)は77.0。
10月確報値の81.8から低下。
10年国債利回りは0.897%。
2年国債利回りは0.181%。
欧米での新型コロナウイルス感染第2波を巡る懸念を背景にリスク選好度が低下。
安全通貨である円やスイスフランが上昇
ドル円は104円台後半。
SKEW指数は129.33。
2日ぶりの130ポイント割れ。
恐怖と欲望指数は56ポイント→63ポイント。
 
 
週末のNYダウは399ドル高の29479ドルと反発。
NASDAQは119ポイント高の11829ポイントと反発。
S&P500は48ポイント高の3585ポイントと反発。
ダウ輸送株指数は246ポイント高の12085ポイントと反発。
SOX指数は1.23%高の2508ポイントと反発。
VIX指数23.10(前日は25.96)。
3市場の売買高は98.6億株(前日103億株。過去20日平均は101億株)。
225先物CME円建ては大証比日中比280円高の25620円。
ドル建ては大証日中比295円高の25635円。
ドル円は104.71円。
10年国債利回りは0.897%。
2年国債利回りは0.181%。
 
週末の日経平均は寄り付き115円安。
終値は135円安の25385円と9日ぶりに反落。
日足は3日ぶりに陰線。
SQ値25480円28銭は上抜けず「幻のSQ値」。
TOPIXは続落。
東証マザーズ指数は反発。
日経ジャスダック平均は続落。
週間では約1060円の上昇。
前週(約1348円の上昇)に続いて2週連続4ケタの上昇。
週足は2週連続で陽線。
東証1部の売買代金は2兆7215億円(前日2兆8059億円)。
12日連続の2兆円超え。
値上がり341銘柄(前日734銘柄)。
値下がり1789銘柄(前日1365銘柄)。
新高値49銘柄(前日84銘柄)。
新安値6銘柄(前日3銘柄)。
騰落レシオは88.15(前日94.96)。
NTレシオは14.90倍(前日14.78倍)。
サイコロは8勝4敗で66.67%。
右肩上がりの25日線(23892円)からは△6.25%。
8日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は23341円。
横ばいの200日線(22029円)からは△15.23%(前日△15.89%)。
6日連続△10%超。
右肩上がりの5日線(25200円)から△0.74%。
8日連続で上回った。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲15.616%(前日▲16.442%)。
買い方▲8.642%(前日▲8.270%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.364%(前日▲7.317%)。
買い方▲16.971%(前日▲17.474%)。
空売り比率は38.6%(6日連続の40%割れ:前日36.0%)。
空売り規制なしの比率は7.7%(前日7.1%)。
日経VIは22.54と上昇。
日経平均採用銘柄の予想PERは23.63倍(前日23.63倍)。
前期基準では19.01倍。
EPSは1071円(前日1080円)。
225のPBRは1.16倍。
BPSは21884円(前日21812円)。
225先物採用銘柄の益回りは4.22%(前日4.23%)。
配当利回りは1.81%。
東証1部全銘柄だと予想PERは26.21倍。
前期基準では20.67倍。
東証1部全銘柄のPBRは1.26倍。
ドル建て日経平均は241.93(前日242.50)。
東証1部単純平均株価は28円安の2257円。
(2019年末2327円、2018年末2077円、2017年末2946円)。
東証1部売買単価は2040円(前日2081円)
東証1部時価総額は648兆円(前日656兆円)。
シカゴ225先物終値は大証日中比280円高の25620円。
高値25670円、安値25210円。
225先物大証夜間取引終値は日中比280円高の2562円。
気学では「人気に逆行して動くこと多し」。
火曜は「目先転換注意」。
水曜は「人気に逆行して前後場歩調を変える日」。
木曜は「押し目買い方針良し」。
金曜は「前後場歩調を異にして動く日」。
拡散しているボリンジャーのプラス2σが25307円。
プラス3σが26015円。
一目均衡の雲の上限が23308円。
9日連続で雲の上。
勝手雲の上限は23337円。
下限は23243円。
7日連続で勝手雲の上。
勝手雲は17日に白くねじれる。
RSIが79.04。
RCIが94.51。
先週の週足のマドは24389円ー24541円。
 
 
《今日のポイント11月16日》
 
(1)週末のNY株式市場で主要株価指数は揃って反発。
   SKEW指数は129.33。
   2日ぶりの130ポイント割れ。
   恐怖と欲望指数は56ポイント→63ポイント。
 
(2)ダウ輸送株指数は246ポイント高の12085ポイントと反発。
   SOX指数は1.23%高の2508ポイントと反発。
   VIX指数23.10(前日は25.96)。
   3市場の売買高は98.6億株(前日103億株。過去20日平均は101億株)。
   225先物CME円建ては大証比日中比280円高の25620円。
   ドル円は104.71円。
 
(3)東証1部の売買代金は2兆7215億円(前日2兆8059億円)。
   12日連続の2兆円超え。
   新高値49銘柄(前日84銘柄)。
   新安値6銘柄(前日3銘柄)。
   騰落レシオは88.15(前日94.96)。
   NTレシオは14.90倍(前日14.78倍)。
   サイコロは8勝4敗で66.67%。
 
 
(4)右肩上がりの25日線(23892円)からは△6.25%。
   8日連続で上回った。
   横ばいの200日線(22029円)からは△15.23%(前日△15.89%)。
   6日連続△10%超。
   右肩上がりの5日線(25200円)から△0.74%。
   8日連続で上回った。
 
(5)空売り比率は38.6%(6日連続の40%割れ:前日36.0%)。
   日経VIは22.54と上昇。
 
 
(6)ドル建て日経平均は241.93(前日242.50)。
 
(7)拡散しているボリンジャーのプラス2σが25307円。
   プラス3σが26015円。
   勝手雲は17日に白くねじれる。
   RSIが79.04。
   RCIが94.51。
   先週の週足のマドは24389円ー24541円。
 
今年の曜日別勝敗(11月12日まで)

月曜23勝19敗
火曜22勝18敗
水曜22勝22敗
木曜17勝25敗
金曜21勝23敗
 
日曜日経では「対中工業品、関税86%撤廃」の見出し。
RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の署名での未来像だ。
「中国がアジアでの孤立を回避。
貿易促進で譲歩した」。
悪い方向ではない気がする。
バイデンで変わる中国とは言い過ぎだろうか。
 
 
◇━━━ カタリスト━━━◇
 
マクアケ(4479)・・・動兆
 
マクアケに注目する。
同社は企業応援集団。
巷間言われるような「クラウドファンディング」の関連という認識は間違い。
「0次流通」という先行販売・先行購入という形でのファンづくりが中核だ。
流通市場における「新たな商流」というのが正しい認識だ。
新製品デビューのゲートウェイとし強固な地位を確立した。
商品・利用者はTV広告の効果もあり増加。
新商品EC市場は拡大基調。好業績。
 

(兜町カタリスト櫻井)
a