兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
「科学技術予測調査は材料の宝庫」
「科学技術予測調査は材料の宝庫」
 
「科学技術予測調査は材料の宝庫」
 
週末のNY株式市場は主要3指数そろって反発。
S&P500とNASDAQは終値ベースで過去最高値を更新した。
NYダウは史上最高値まであと12ポイントと迫った。
雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から12.8万人増で着地。
GMのストライキの影響で伸びは前月から鈍化したものの市場予想の8.9万人増を上回ったことを好感。
米政権高官らが「米中通商協議が順調に進展。
米国は第1段階の通商合意の月内署名を目指している」とコメント。
米中協議を巡る警戒感は後退した。
ISM製造業景気指数は48.3と50を3カ月連続で下回った。
ただ雇用統計が好調だったことから見えないフリ。
週間ベースではNYダウが1.44%、S&P500が1.47%、NASDAQが1.74%上昇。
S&Pの上昇は4週間連続で2月以来最長となった。
NASDAQの上昇は5週連続。
10年国債利回りは1.7%水準。
2年国債利回りは1.5%水準。
ドル円は108円台前半。
週明けのNY株式市場は続伸。
NYダウは114ドル高の27462ドル。
7月15日以来、約3カ月半ぶりに過去最高値を更新した。
米中の貿易協議が進展するとの期待から、投資家姿勢が強気に傾き、景気敏感株中心に幅広い銘柄に買いが入ったとの解釈。
ウォール・ストリート・ジャーナル紙は米中貿易交渉の「第1弾」の署名場所について「トランプ米大統領がアイオワ州を考えていると述べた」と報道。
「中国関連」とされる建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエムが買われた。
またブルームバーグは「ロス商務長官が米企業の中国通信機器大手ファーウェイへの事実上の禁輸措置について一部の解禁は間もなくだと述べた」と報道。
インテルなど半導体銘柄が上昇。
NYダウは上昇幅を一時170ドルまで拡大した場面があった。
NASDAQも続伸。
連日で過去最高値を更新。
S&P500指数も連日で過去最高値更新。
ダウ輸送株指数は243ポイント高。
SOX指数は2.19%上昇。
9月の製造業新規受注は前月比0.6%減と市場予想の0.5%減以上に減少。
「設備投資がやや弱く、米中貿易戦争が続く中で製造業が依然軟調」との解釈。
国債利回りは上昇(価格は低下)。
10年国債利回りは1.72%台。
2年国債利回りは1.56%台。
ドル円は108円台半ば。
今日から3月第2週までNYは冬時間。
 
 
週末の日経平均は寄り付き197円安、大引け76円安と反落。
もっともTOPIXは高値引けだった。
ブルームバーグが「中国側は米中合意の実現性に懐疑的」と報じたことを警戒。
ただ市場予想よりも堅調な企業決算を背景に売り一巡後は戻り歩調で日足は陽線。
「雨降って地固まるになれば」という声もある。
週間では約50円の上昇。
週足はほぼ十字に近い形で4週間ぶりに陰線。
5日線(22892円)はサポートとならなかった。
東証1部の売買代金は2兆3871億円。
値上がり801銘柄、値下がり1283銘柄。
新高値104銘柄、新安値9銘柄。
騰落レシオは119.20に低下。
過熱感は全くない状況だ。
NTレシオは13.71倍。
25日線からは2.99%、200日線からは7.03%のプラスかい離。
25日線(22187円)から5%かい離で23296円。
200日線(21500円)から10%かい離で23650円。
限界と見るよりは加速と見たいところ。
サイコロは9勝3敗で75%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲13.841% 。
買い方▲7.295%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方プラス0.820%。
買い方▲13.296%。
空売り比率は39.3%。
2日連続の40%割れ。
空売り規制なし銘柄の比率は5.2%。
日経HVは12.9、日経VIは14.27。
日経平均採用銘柄のPERは12.95倍。
EPSは1764円。
PBRは1.13倍。
BPSは20289円。
週明けのシカゴ225先物終値は大証日中比円280円高の23130円。
高値23180円、安値22925円。
気学では「安日柄なれど前週来安き時は小底入れする」。
水曜は「押し目買いの日。後場急騰したら利入れ方針良し」。
木曜は「後場へかけてよく動く日。前止めの足取りに付け」。
金曜は「不時高、不時安を見せる日。逆行日」。
日足ボリンジャーのプラス1σ(22743円)がサポート。
プラス2σが22300円だ。
週足ボリンジャーのプラス2σが23216円。
月足のボリンジャーのプラス2σが23282円。
プラス3σが24085円でようやく24000円台が見えてきた。
ハロウィーン効果からサンタクロースラリーという理想が実現するかどうか。
因みにアノマリーは「11月3連休明けは高い」。
そして「11月最終週の株高」となっている。
先週まで火曜日は10週続伸。
11週続伸に期待だ。
 
土曜の日経朝刊でも報じられたが1日に発表されたのは「科学技術予測調査」。
2040年頃までにどんな技術が実現するかの未来像だ。
包括するコンセプトは「人間性の再興・再考による柔軟な社会」
今後の相場テーマの萌芽は間違いなくここにある。
 
週末のNYダウは301ドル高の27347ドルと反発。
NASDAQは94ポイント高の8386ポイント。
S&P500は29ポイント高の3066ポイント。
ダウ輸送株指数は239ポイント高の10738ポイント。
SOX指数は2.34%上昇。
VIX指数は12.30。
225先物CME円建ては大証日中比90円高の22940円。
ドル建ては大証比日中比105円高の22955円。
大証夜間取引終値は日中比90円高の22940円。
ドル円は108.17円。
10年国債利回りは1.733%。
2年国債利回りは1.562%。
 
週明けのNYダウは114ドル高の27462ドルと続伸。
NASDAQは46ポイント高の8433ポイント。
S&P500は11ポイント高の3078ポイント。
主要3指数はそろって史上最高値を更新。
ダウ輸送株指数は243ポイント高の10982ポイント。
SOX指数は2.27の上昇。
VIX指数は12.82。
225先物CME円建ては大証日中比280円高の23130円。
ドル建ては大証比日中比290円高の23140円。
ドル円は108.02円。
10年国債利回りは1.77%。
2年国債利回りは1.55%。
 
◇━━━ カタリスト━━━◇
 
ロート(4527)・・・動兆
 
ロート製薬に注目する。
同社は一般用医薬品の目薬で世界首位。
「肌研」が急成長しスキンケアが柱。
再生医療にも期待感。
 

(兜町カタリスト櫻井)
a