兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
反落 米半導体株の下落が重荷
東証プライム市場(前引け)=反落 米半導体株の下落が重荷
17日午前の日経平均株価は反落し、前引けは前日比112円72銭(0.40%)安の2万7915円58銭だった。
 
きょう前場のはリスク回避の売り圧力が強まり、日経平均は下値を試す展開となった。前日の米国株市場では、小売り関連株の一角やハイテク株に売りがかさおむ地合いとなり主要株価指数が揃って下落、ナスダック総合株価指数の下げが大きくなった。
 
 
東京株式市場でもここ相場を牽引してきた半導体関連株などが利食われる展開となり、全体指数を押し下げている。一方、10月の訪日外国人数が大幅に伸びたことを受け、インバウンド関連株などを買い戻す動きを誘発し、相場を下支えする形となった。
 
半導体メモリーの米マイクロン・テクノロジーの生産の削減計画を受け、主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が4%超下落した。国内の半導体株はこのところ急速な上昇が続いていたこともあり、利益確定の売りが膨らんだ。
 
一方、百貨店株や陸運株などリオープン関連には買いが入った。日本政府観光局(JNTO)が16日発表した10月の訪日客数は前月比2.4倍の49万人だった。コロナ禍前の水準には及ばないものの、改めてインバウンド(訪日外国人)の需要回復が意識された。リオープン関連を含めた内需株への買いが支えとなり、日経平均は上げに転じる場面もあった。
 
東証株価指数(TOPIX)は小幅に反発した。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆4759億円、売買高は5億4024万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は537、値上がりは1229、変わらずは68銘柄だった。


業種別株価指数(33業種)では電気機器、非鉄金属、ゴム製品などが下落。空運業、食料品、繊維製品などは上昇した。

個別では、きょうも群を抜く売買代金をこなしたレーザーテック だが、株価は急反落となった。このほか、東京エレクトロン  、ローム 、アドテスト、スクリンなども安い。SUMCO 、信越化学工業 なども売りに押された。住友鉱、三井物産 も安い。日医工 が急落、サイボウズ も大きく売られた。

半面、日揮HDが大幅に上昇した。ANAHDや高島屋が高く、東レや富士通も買われた。三井住友フィナンシャルグループ  が堅調、日本郵政 もしっかり、武田薬品工業 も上昇した。ハウスコム が値上がり率トップに買われ、リブセンスも活況高。エアトリ 、新日本電工なども物色人気となった。

 
a