兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
反発後、堅調な展開か
【オープニングコメント】
反発後、堅調な展開か
14日の日経平均株価は大幅に反発しそうだ。その後も堅調な展開か。
日経平均株価の予想レンジは、2万600円-2万800円。
きのう13日に下げ渋りの動きをみせていたことや、現地13日の欧米株式が上昇した動きなどを受け、買い先行となろう。米中貿易摩擦への警戒感が和らぎ、海外ヘッジファンドなどが先物に買いを入れる公算が大きいだろう。
 
為替相場は、ドル・円が1ドル=106円台の後半(13日終値は105円19-20銭)、ユーロ・円が1ユーロ=119円台の前半(同117円73-77銭)と円安方向に振れている。輸出関連銘柄には、買い戻しが進みそうだ。
 
ただ、手掛かり材料難のなか、夏季休暇中の投資家も多いとみられ、買い一巡後は伸び悩み商状となる場面も想定される。
 
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比370円高の2万720円だった。
 
日程面では、きょうは6月の機械受注統計及び7〜9月期の見通しが開示される。また、海外では7月の中国工業生産高、小売売上高、固定資産投資、不動産開発投資など中国の重要経済指標が相次ぐ。米国では7月の輸出入物価指数が発表される。
 
 
 
【好材料銘柄】 
 
■レスターホールディングス <3156>
4-6月期(1Q)経常は3.4倍増益で着地。
 
■霞ヶ関キャピタル <3498>
8月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。また、株主優待制度を新設。毎年8月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律クオカード1万円分を贈呈する。1→2の株式分割実施後は100株以上200株未満保有でクオカード5000円分、200株以上保有で同1万円分の贈呈とする。
 
■イグニス <3689> 
バーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」をリリース。
 
■ダブルスタンダード <3925>
今期経常を9%上方修正・最高益予想を上乗せ。
 
■ベネフィットジャパン <3934>
4-6月期(1Q)経常は67%増益で着地。
 
■イード <6038>
今期経常は12%増益へ。ティーガイア <3738> 、ポプラ社と資本業務提携。
 
■パートナーエージェント <6181>
4-6月期(1Q)経常は9倍増益で着地。
 
■エスケーエレクトロニクス <6677>
今期経常を11%上方修正・最高益予想を上乗せ。発行済み株式数(自社株を除く)の0.47%にあたる5万株(金額で1億0585万円)を上限に、8月14日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。
 
■ベルトラ <7048>
今期経常を33%上方修正・最高益予想を上乗せ。
 
■イーレックス <9517>
4-6月期(1Q)経常は62%増益で着地。
 
■ジャパンシステム <9758>
非開示だった今期経常は32%増益へ。
 
■プレミアムウォーターホールディングス <2588>
4-6月期(1Q)税引き前は2.3倍増益で着地。
 
■AMBITION <3300>
中国人留学生向け大手賃貸事業者「Uhomes」と業務提携。
 
■システムサポート <4396>
今期経常は10%増で5期連続最高益、3円増配へ。
 
■カルナバイオサイエンス <4572>
上期経常は黒字浮上・通期計画を超過。
 
■サイボウズ <4776>
上期経常は16%増益・通期計画を超過。
 
■グッドスピード <7676>
今期経常を23%上方修正・4期ぶり最高益更新へ。
 
 
【主な経済指標・スケジュール】

【国内】
6月機械受注(8:50)
《決算発表》
サイバダイン、エボラブルA、ジーエヌアイ、光通信、すかいHD、オープンハウス、AMBITION、ファインデクス、オプティム、セレス、チェンジ、アミューズ、ソレイジア、出光興産、フリークアウト、メドピア、フェローテック、MTG、トリドールHD、カオナビ、FRONTEO、アルテリア
 
【海外】
中国7月固定資産投資(11:00)
中国7月鉱工業生産(11:00)
中国7月小売売上高(11:00)
米7月輸出入物価指数(21:30)
《米決算発表》
シスコシステムズ
 

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

 
a