兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
時短需要、ヒット商品の宝庫!
一昔は「結婚や出産を機に専業主婦になる」というライフコースが多かった。
ここ数年で増えてきたのが、働き続ける女性だろう。

しかし、現状では、女性が働くようになったからといって、家での家事労働時間や育児時間が減ったわけではない。仕事をしながら「家事も育児も介護も」やることは山のようにあるからだ。
厚生労働省によると共働き世帯数は2017年に1188万世帯と6年連続で増えている。
そんな働く女性の消費のキーワードは、「時短」
働きながら、育児や家事を日々こなしている女性のほうが時短ニーズはより切実だからだ。
おいしいものをより早く食べたい。

共働き世帯の増加に伴って家事の時間を短くしたい需要が高まっており、調理など家事の時間を短くする「時短」需要を狙って食品メーカーなどが生産増強に乗り出している。
ライフスタイルの変化を受け、白物家電各社は家事の負担を減らすことのできる“時短”をうたった製品を続々と市場に投入しており、売れ行きも好調だ。新しい家電が家庭内での働き方改革の切り札になるかもしれないと言う。

日立製作所<6501>の高級オーブンレンジの魅力といえば、なんといっても独自の「Wスキャン」機能。最近のオーブンレンジは食材を入れて「あたため」や「解凍」ボタンを押せば、自動的に最適な時間だけ食材を加熱する自動加熱機能が搭載されている。
「Wスキャン」は、冷凍したご飯や冷蔵庫で保存した食品を温める際にも時短効果を発揮する。食品の重さと初期温度、温度変化をスキャンして加熱する。分量に合わせて火加減をオーブンレンジが調整する。さらに人数や分量の設定が不要なため、一般的な同様の製品に比べて調理の手間を省けるのが特徴だ。

日立の家電品HP 特長:Wスキャンより

18年で発売20周年を迎えた三菱電機<6503>のIHクッキングヒーターの現在の製品は、鍋の中身を自動でかき混ぜる「対流煮込み加熱〈プラス〉」機能を搭載。
自動で加熱と停止を繰り返し、かき混ぜ効果のある交互対流を発生させる。そのため具材にうま味をしみ込ませつつ、煮くずれや焦げつきを抑制できる。カレーを作る際などに、かき混ぜる手間を省けるそうだ。

共働き夫婦の増加などを背景に調理が短時間で済む「時短」食品群も進化している。
日清製粉グループ本社<2002>は、従来の早ゆでマカロニは2〜4分かかっていたが、
80秒でゆで上がるマカロニを発売した。

日清製粉HP 早ゆでパスタより

味の素<2802>が中華料理用の「クックドゥ」を発売したのは78年。
マーボー豆腐や酢豚といった本格的料理が、肉や野菜にクックドゥを加えるだけで完成する。「プロの味付けを家庭で手軽に」と新しい食習慣となった。2011年以降、和食や洋食メニューをはじめバリエーションも増え、昨年の売り上げは発売当初の5倍以上に上る。

東洋水産<2875>は、電子レンジで温めて食べるパック米飯の生産能力を1.5倍に引き上げる。子会社のフクシマフーズの工場にパック米飯の生産ラインを新設する。投資額は約90億円で、2019年夏の稼働を予定。
主力ブランド「マルちゃん」をあしらった白飯や赤飯などの生産を増やす。パック米飯は電子レンジで2分ほど温めれば食べられる利便性が受けて、市場規模は拡大傾向だ。

「サトウのごはん」で有名なサトウ食品工業<2923>も、需要の伸びを見込み、各社は増産に乗り出している。来年春に新工場を建設し生産量を2割強増やすそうだ。

食品だけでなく、日用品でも時短消費を狙った人気商品がある。
花王<4452>は、食器用洗剤「キュキュット クリア泡スプレー」は、2016年10月1日に発売した。食器洗いの手間を省きたい働く女性の人気を集めている。
食器に直接スプレーして、そのまま水で洗い流すだけで油汚れを落とせるのが特徴。
発売後半年の販売本数は計画比2倍の420万本。食器用洗剤では今年最大のヒット商品となっている。
「女性の所得が増え、さらに女性が消費を増やす」という好循環が生まれるだろう。

女性の社会進出に伴う共働き世帯の増加や高齢者の増加で、手間のかからないこれらの商品へのニーズはさらに高まるとみられており、関連する企業は、これからも目が離せないだろう。


株ちゃんの明日読み
買いが手控えられ上値の重い展開か

買いが手控えられ上値の重い展開か

14日の日経平均が3日ぶりに大幅反落。終値は前日比441円安の2万1374円だった。前日まで急反発した反動やSQ通過、週末要因で手じまい売りが優勢に。押し目買いも少なく指数は終日下げ幅を広げる展開となった。中国の11月の鉱工業生産が低調だったことも先行き不透明感を強めた模様。日銀短観は悪くなかったがこの日は材料にならなかった。 東京株式市場は米株高にはほとんど反応せず、この日は短期的な手じまい売りに押される展開となった。中国の経済指標の弱さから上海株、香港株が下げ、日経平均は一段と下げ幅を広げてしまった。   メジャーSQ通過で先物関連の売り方の踏みが一巡したことも影響。...

為替市況コメント
豪ドル円の下落は続くか。
【為替】豪ドル円の下落は続くか。

[概況] 14日の東京外国為替市場は、豪ドル円の下落が目立った。豪ドル円が売られた理由は、豪州と貿易関連で結びつきが強い、中国の景気減速懸念が挙げられる。本日、中国の11月の小売売上高と鉱工業生産が発表され、どちらも予想を下回る結果だった。豪ドル円はこの結果を受け、水準を82円台から81円台半ばへ切り下げる。   東京時間終盤にかけて下げ渋ったが、欧州時間が始まると売り圧力は再び強まり、下値を81.375円まで伸ばしている。この後は、米小売売上高の結果に注目したい。予想を下回る結果であれば、リスク回避姿勢が強まり、豪ドル円の水準は一層切り下がりそうだ。下値の目処は、...

相場概況(大引け)
3日ぶり大幅反落、世界景気減速の不安で利益確定売り
東京株式(大引け)=3日ぶり大幅反落、世界景気減速の不安で利益確定売り

【大引け概況】 日経平均株価は前日比441円36銭安の2万1374円83銭と大幅反落、東証株価指数(TOPIX)も24.49ポイント安の1592.16と反落した。 本日のマーケット動画 時間:00:00:47 容量:6.69M 過去のマーケット動画はこちら   米国と中国の貿易摩擦が解消されず、両国を中心に世界的な景気減速の不安が台頭する中で、幅広い業種が利益確定売りなどに押された。 朝方は、前日連騰(合計668円上昇)の反動や週末要因などから利益確定売りが先行した。その後いったん持ち直したが、戻り...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、利益確定売りが優勢
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、利益確定売りが優勢
 

日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに反落した。終値は前日比26円71銭安の3472円27銭だった。前日までの続伸を受け、目先の利益を確定する売りや戻り待ちの売りが出た。日経平均株価の大幅安も投資家心理を悪化させた。翌週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えるなかで利益確定売りが優勢となった。米株価指数先物の下落や、中国の経済統計の低調さも重荷となった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で431億円、売買高は6834万株だった 値上がり銘柄数は187、値下がり銘柄数は453となった。 個別では、ミサワホーム中国、常磐開発、高橋カーテンウォール工業、nms ホ...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日ぶり反落、投資家心理も冷え込む
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、投資家心理も冷え込む

東証マザーズ指数は前日比18.65ポイント安の942.01ポイントと3日ぶり反落。 前日の上昇の反動と週末要因に加え、東京株式市場全般も大きく下落したことで売りが先行した。下値を模索する軟弱な相場が続く東証1部市場に引きずられる形で、新興企業市場もさえない値動きとなった。世界的に株式市場が「不安定な状態から抜け出せていない」ことで、投資家心理も冷え込みがちだ。 日経平均の軟調推移で投資家のリスク許容度が下がったため、PER(株価収益率)が高めで相対的に投資リスクが高いマザーズ銘柄の下げがきつくなった。 米国と中国の貿易問題など海外情勢が不透明な中で迎えた週末ということも...

相場概況(後場寄り付き)
前場終値比で横ばい
【市況】東京株式(後場寄り付き)=前場終値比で横ばい

【後場寄り付き概況】 14日後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比374円35銭安の2万1441円84銭で始まった。 東証株価指数(TOPIX)は、20.69ポイント安の1595.96で始まった。   中国の経済統計が予想を下回ったことで投資家心理が冷え込み、主力株を中心に売りが広がっている。日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに大幅安。   外国為替市場では、1ドル=113円50銭近辺の推移。アジアの主要株式市場は総じて軟調。 SQ(先物・オプション特別清算指数)算出を前に週半ばから大きくリバウンドしていた日経平均だが、本日のS...

相場概況(前引け)
大幅反落、米株先物下落やアジア株安で
東京株式(前引け)=大幅反落、米株先物下落やアジア株安で

14日午前の日経平均株価は反落した。午前終値は前日比377円03銭安の2万1439円16銭だった。下げ幅は400円を超える場面もあった。東証株価指数(TOPIX)も22.51ポイント安の1594.14と反落となった。   朝方は、前日連騰(合計668円上昇)の反動や週末要因などから利益確定売りが先行した。その後いったん下げ渋る場面もあったが、戻りは限定的で再び軟化。 時間外取引で米株価指数先物が下げ基調を強めるとともに下げ幅を拡大し、前場終盤には2万1353円94銭(前日比462円25銭安)まで下落した。中国・上海総合指数の反落も重しなった。きょう算出の日経平均ミニ...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、利益確定の売り
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、利益確定の売り

日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比18円54銭安の3480円44銭。 前日まで2日間で40円以上上げており、時価総額の大きい銘柄を中心に利益確定の売りに押された。日経平均株価が下げ幅を広げていることも投資家心理の重荷となった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で245億円、売買高は3634万株。値上がり銘柄数は172、値下がり銘柄数は437となった。   個別では、ミサワホーム中国、常磐開発、高橋カーテンウォール工業、nms ホールディングス、シベールなど54銘柄が年初来安値を更新した。 ジェイテック、秋川牧園、アクセスグループ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は3日ぶり反落、模様眺めムードが強い
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、模様眺めムードが強い

東証マザーズ指数も反落した。前引けは前日比17.88ポイント安い942.78だった。 上値の重い展開となっている。本日のメジャーSQを通過後は、海外ファンドなどはクリスマス休暇入りになり、商いの先細りが見込まれるなか、来週に控える米連邦公開市場委員会(FOMC)では、トランプ大統領FOMCでの利上げ牽制発言なども伝わっており、相場全体の地合いとしては模様眺めムードが強まっている。そんななか、個人投資家の物色としては、マザーズ銘柄へと向かいやすいが、週末要因からも短期筋の利食いがでている。 値上がり銘柄数は61、値下がり銘柄数は200となった。   個別では、ITboo...

相場概況(寄り付き後)
3日ぶり反落スタート、週末要因から売りが先行
【市況】東京株式(寄り付き)=3日ぶり反落スタート、週末要因から売りが先行

【寄り付き概況】 14日の日経平均株価は、前日比177円23銭安の2万1638円96銭と3日ぶりに反落してスタート。直近2日間で650円強の値上がりとなっていたことや、週末要因などから、売りが先行したようだ。   前日の米国株市場では主要指数が高安まちまちの展開でNYダウは小幅続伸したものの、ナスダック指数はマイナスだった。貿易摩擦の影響による世界景気減速への懸念が根強く、ECB理事会後にドラギ総裁がユーロ圏の経済見通しについて下方リスクを示唆したこともマーケットのセンチメントを悪化させている。   朝方発表された日銀短観は市場コンセンサスを若干上...

a