兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
2020年「プログラミング教育」が必修化
2020年「プログラミング教育」が必修化
文部科学省が発表した新しい「学習指導要領」で、2020年から小学校にて「プログラミング教育」が必修化されることが決まりました。 

経済産業省が発表した調査では、IT社会がさらに進んでいく中、技術者が不足することが予想されているため、技術者不足を補うためのきっかけとなることも期待されています。 

小学生のうちからプログラミング教育を受けさせることはこうした言語能力や論理的思考力を培う上でとても役に立つものです。
文部科学省によると、 
プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むこと、との見解が出ています。 

プログラミング教育とは、実際にどんなものがあるのでしょうか。 
1.プログラミング学習用ソフト「Scratch」(スクラッチ)で簡単なプログラミングを学ぶ 

「Scratch」は小学生向けプログラミングスクールの教材としてよく使われています。 
8歳から16歳向けに開発された教育用のプログラミング言語です。 

Scratchではプログラミングと聞いて連想されるような複雑なソースコードを記述することなくプログラムを構築することができる初心者でも取り組みやすいのが特徴です。 
本格的なプログラミングに取り組む前の教材としても優秀です。 
本格的なプログラミングを学ばせたいと思っている人は「scratch」を学べるスクールなどで学習するのも有効です。 

2. 「ロボットプログラミング」で学ぶ、自分で組み立てたロボットなどを動かす 

「ロボットプログラミング」は画面上で組み立てたプログラムを動かす一般的なプログラミングとは違って、実際にロボットを組み立てそのロボットをプログラムによって動かすといったものです。 

「ロボットを思い通りに動かすにはどんなプログラムを組めばいいのか」、「こんな動きをさせたいけどどんなロボットを組むのが最適か」など工作感覚で楽しむことができます。 

「ロボットプログラミング」を起点にして様々な技術に触れることで、子どもなら、将来、夢の仕事に就けたり、大人なら、仕事に活用できるアイデアが生まれたりするきっかけになるかもしれませんね。 

3. スマホアプリの開発に取り組みながらプログラミングの基礎、応用を学ぶ 

スマートフォンは現在、日常生活に必要不可欠なデバイスです、小さい頃からスマートフォンを使うお子さんも多いのではないでしょうか? 

お子さん向けのプログラミング教育の中には、スマートフォン上で動作するアプリを開発するスタイルのプログラミング教育もあり、子供のうちからスマートフォンに慣れ親しんでいる子は自分でアプリを作れるため、興味を持って取り組むことができるのではないでしょうか。 

単純な操作を少しずつ楽しみながらやっていくことで、プログラミングに必要な論理性と批判的思考の力を養うことができると言うことです。 
「プログラミング教育」といってもその内容は様々です。 
「どんなプログラミング教育を受けさせるといいのだろうか?」と迷ってしまうかもしれません。 
無理なく継続的に学習するためにはお子さんの興味・関心に合ったものを選ぶこと需要です。 

2020年の小学校におけるプログラミング必修化に備え、プログラミング教室の需要が増加していると報じられています。 
初歩的な入門講座に加え、高度な内容の講座も人気になっています。

「ソフトウェアを使いこなせる」だけではなく、「ソフトウェアを作りだすことができる」のがいま求められているIT人材像です。 

AIやRPAの知名度向上を背景に、プログラミングへの関心は高まっており、今後も引き続き堅調な需要が続くことが予想されています。 

【関連銘柄】
新日鉄住金ソリューションズ
<2327>
プログラミング学習サイトK3Tunnel(ケイサントンネル)を開設
アイスタディ
<2345>
eラーニング学習ソフトウェアや企業の認定研修など
すららネット
<3998>
eラーニングによる教育サービスの提供
市進ホールディングス
<4645>
プログラミング教育
東京個別指導学院
<4745>
小3-6年生のプログラミング講座
サイバーエージェント
<4751>
Tech Kids Schoolを運営
学研ホールディングス
<9470>
Gakken Tech Program


毎日コラム
動き出すか!注目の電線地中化
動き出すか!注目の電線地中化
東京都では2020年のオリンピック、パラリンピック大会を意識した整備計画があり、2017年6月には「無電柱化推進条例」が可決されました。 

「電線地中化」とは、電線やその関連施設を地中に埋める事を指します。また、道路上から電柱をなくすことを「無電柱化」と呼び、電線地中化はその手法の一つとされています。 

国土交通省も、2018〜20年度までの3年間で、東京都心の幹線道路の無電柱化を完了させるなど数値目標も盛り込んでいます。目標達成へ約1400kmの無電柱化が必要となっています。 
無電柱化は09年から徐々に進んでいますが、計画案では重点整備の対象は合計で5〜6万キロメートルと推計されています。 
3年間の推進期間で仕組みを定着させ、その後はさらに加速させる方針です。 
1キロメートル当たりで5億3000万円の費用がかかるともされ、長期間の巨大な国家プロジェクトとも言えます。 

電柱の間隔は、およそ30メートル。全国にある電柱の数はざっと3500万本。 
今の工事代金で全国の電柱と電線を埋めるとなれば、500兆円を超える規模になります。 
財源捻出や工事費軽減で官民が協力して、この巨大な山を小さくできれば、東京、ひいては日本の品格を高められます。 

東京都でも、東京オリンピック・パラリンピックの開催までに「センター・コア・エリア内の都市計画幅員で完成した都道の無電柱化を完了させるとともに、防災対策上、重要な位置付けにある緊急輸送道路や利用者の多い主要駅で重点的に整備を進める」としています。 
東京都が示した2018年度予算案では、無電柱化関連経費を259億円から288億円に増額しています。
関連企業には中長期にわたって、業績に寄与することが予想されます。 
そこで今回は、電線の地中化関連に注目です。電線などのインフラ銘柄が期待できると考えます。 

関連銘柄では、コンクリート製品中堅でマンホールやパイプ製品が主力の イトーヨーギョー<5287>、防護柵やマンホールなどコンクリート2次製品が主力の ゼニス羽田ホールディングス<5289>、古河電工系の電線中堅でケーブルや巻線が主力の 東京特殊電線<5807>、コンクリート2次製品を製造、ボックスカルバートが主力の 旭コンクリート工業<5268>、建設コンサル会社。調査測量、区画整理など情報技術が主軸の オオバ <9765>などが挙げられます。 

電線地中化の動きは、防災に加え景観、バリアフリーの観点から加速することでしょう。 

東京都や全国規模での巨大な国家プロジェクトであり、今後中長期にわたり、関連企業の業績に寄与することは容易に想像できると考えます。 

NY株/欧州株概況
NYダウ続伸110ドル高、半年ぶり高値 米中摩擦の懸念後退
【市況】NYダウ続伸110ドル高、半年ぶり高値 米中摩擦の懸念後退

  17日の米株式相場は続伸した。NYダウ工業株30種平均の終値は前日比110ドル59セント高の2万5669ドル32セントと2月下旬以来、半年ぶりの高値を付けた。   この日のNYダウはもみ合いで開始した。対米関係が冷え込んでいるトルコの経済不安を受け、他の新興国通貨に売り圧力が波及する中、世界経済への悪影響が警戒されている。「新興国リスク」が重しとなる一方、8月下旬に米中貿易協議が再開されるとの発表を好感した買いが継続。世界1、2位の経済大国による「貿易戦争」が収束に向かうとの期待感から、間もなく買い優勢に転じた。   午後には米紙ウォール・ストリート...

為替市況コメント
ユーロ円の買いが優勢。
【為替】ユーロ円の買いが優勢。

[概況] 17日の東京外国為替市場は、週末を前にしていることから各通貨とも限定的な値動きとなっており、米ドル円は110円台半ばから後半で、週はじめに急落したトルコリラ円は18円台後半を中心とするレンジで推移した。 そんななか、ユーロ円の買いが欧州時間に入ってから活発になっており、ユーロ円は本日の高値126.450円まで上昇している。 発表されたユーロ圏の財政収支の予想を上回る結果を好感したのかもしれない。この後は、特段目立った材料も乏しいことに加え、週末という要因もあることから、次第に取引は先細り値動きも動意に欠けそうか。 前述のユーロ円も上昇は一時的で...

株ちゃんの明日読み――・・・・・・
来週は堅調か。

来週は堅調か。

今週は乱高下しながら週間では小幅安。 トルコ問題で一時、前週末比で400円以上も値下がりしたが、終わって見れば下げの大半を取り戻すなど粘り腰のあるところも見せた。他の新興国通過にも弱い動きが見られる中、上海株の動向にも神経質となった。 アメリカと中国が貿易協議を再開すると伝わったことなどから、押し目では買いも入り、大きく崩れる展開にもならなかった。   週足チャートでは最後の下値支持線である52週移動平均線(2万2034円)にまたも支えられ、トランプ政権誕生(2016年11月)で始まった業績相場を辛うじて保っている。 日経平均は週間では約27円の下落となったものの...

相場概況(大引け)
78円高と3日ぶり反発、米欧米株高で買い先行
東京株式(大引け)=78円高と3日ぶり反発、米欧米株高で買い先行

【大引け概況】 日経平均株価は前日比78円34銭高の2万2270円38銭、東証株価指数(TOPIX)は10.38ポイント高の1697.53と、ともに3日ぶりに反発。 本日のマーケット 過去のマーケット動画はこちら   米国株上昇を受けて東京市場も買い優勢でスタート。ただ、米株高の要因になった米国と中国の通商協議再開に向けた動きについて、日本株は前日の相場でほぼ消化していたため、この日の日経平均株価の上げ幅は限られた。 一巡後は、いったん上げ幅を縮小し、その後持ち直したが、週末要因から買い進む動きは鈍く、大引けにかけ...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は3日ぶり反発、利益確定売りに押され上げ幅を縮小
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反発、利益確定売りに押され上げ幅を縮小
 

日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに反発した。 終値は前日比10円86銭高い3701円70銭だった。前日の米株高が投資家心理の支えとなり買いが先行したが、その後は利益確定売りに押され上げ幅を縮小した。 「個人のポジション整理が一巡し、小口買いが膨らんだ」といい、ジャスダック、マザーズの両市場ともに、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を上回った。 ジャスダック市場の売買代金は概算で444億円、売買高は9078万株。 値上がり銘柄数は397、値下がり銘柄数は221となった。   個別では、ホロン、日本テレホンがストップ高。エフティグループ、インフォコム、オリコン、和井...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日ぶり反発、週末で積極的な買いは限られた
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反発、週末で積極的な買いは限られた

東証マザーズ指数は前日比16.32ポイント高の958.80ポイントと3日ぶり反発。 米中通商協議が再開される見通しとなり、日経平均が反発したため、新興企業市場でも買い戻しの動きが広がった。ただ、週末で積極的な買いは限られた。 エクストリーム、ダブルスタンダードなどここまで上げの大きかった銘柄に利益確定売りが出た。値上がり銘柄数は179、値下がり銘柄数は76となった。   個別では、ジェネレーションパス、イード、中村超硬がストップ高。エコモット、ジーンテクノサイエンスは一時ストップ高と値を飛ばした。JMC、エクストリーム、フィンテック グローバルは年初来高値を更新。ソレ...

相場概況(寄り付き後)
日経平均株価、やや伸び悩む
【市況】東京株式(寄り付き)=日経平均株価、やや伸び悩む

【寄り付き概況】 17日午後の日経平均株価は、前営業日比89円99銭高の2万2282円03銭で始まった。 東証株価指数(TOPIX)は、9.98ポイント高の1697.13で始まった。 日経平均株価は前営業日比90円高前後と前場終値と比較してやや伸び悩む。   外国為替市場では、1ドル=110円80銭台での推移。アジアの主要株式市場は高安まちまち。 米中間の貿易問題をめぐる不安感の後退を材料に買われた前場の流れを引き継ぎ、電機など輸出関連銘柄が値を保っている。   個別では、任天堂が前場高値を上回り、ソフトバンクGは小幅高。トヨタ、ホンダ...

相場概況(前引け)
117円高 米株高やアジア株堅調受け買い優勢
東京株式(前引け)=117円高 米株高やアジア株堅調受け買い優勢

  17日午前の日経平均株価は反発した。午前の終値は前日比117円61銭高の2万2309円65銭。   前日のNYダウ急伸や為替の円安傾向を横目にリスクを取る動きが優勢となった。米中貿易摩擦問題への懸念が後退したことやトルコリラ下落による新興国通貨などへの影響も限定的なものにとどまっており、足もとは主力株中心に買い戻される展開だった。   米中の貿易戦争激化に対する警戒感がやや後退し、機械や非鉄金属など中国経済の動向と関連性が高い銘柄を中心に買いが広がった。17日の中国・上海株や香港株が底堅いのも安心感につながった。 訪日外国人需要の減速懸...

a