兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
株ちゃんの明日読み
上値の重い展開か

上値の重い展開か

米国株高を好感できず日経平均は下落。ただ、前日6日の407円高に対してきょうが99円安であれば、ならしてしっかりであったと言える。安値は11時01分につけた2万2540円までで、2万2500円はサポートになり、後場に売り崩す動きも出てこなかった。   あす8日の日経平均株価は、上値の重い展開か。 主要なETF(上場投資信託)の分配金支払い基準(決算日)は8日と10日に集中しており、いよいよ分配金ねん出ための換金売りが懸念される。各指数構成銘柄の1年間の配当金を一度に現金化することになるため、短期的な需給悪化要因として意識される。 ただ、「一過性の話であり、押し目を狙っ...

相場概況(大引け)
4日ぶり反落 利益確定売り
東京株式(大引け)=4日ぶり反落 利益確定売り

【大引け概況】 7日の日経平均株価は4日ぶりに反落し、前日比99円75銭安の2万2614円69銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:41 容量:14.82M 過去のマーケット動画はこちら   半導体需給の好転期待を背景に、関連銘柄には買い注文が目立った。日経平均も取引開始直後にはプラス圏に浮上。しかし、積極的に上値を追う材料も乏しく、幅広い業種に利益確定売りがかさんだ。 日本株の主要な上場投資信託(ETF)の分配金支払いに伴う換金売りへの警戒感も買いの手を鈍らせた。8日と10日に日本株の主要な上...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は3日続伸、好材料銘柄の買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日続伸、好材料銘柄の買い
 

日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比8円59銭高い3432円73銭だった。 朝方は利益確定の売りに押され気味だったが、売り一巡後は直近上場銘柄などに買いが入り、両指数ともにプラスで終わった。米国や中国の景気回復への期待から投資家心理がやや改善し、好材料の出たIT(情報技術)関連銘柄などに買いが入った。 テラや、スーパーVが上昇したほか、既存店売上高の増加率が高まったセリアが買われた。半面、ワークマンやマクドナルド、イマジニアは下落した。   ジャスダック市場の売買代金は概算で574億円、売買高は1億3551万株といずれも5月中旬以来の少なさだった...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日続伸も不安定な値動き
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続伸も不安定な値動き

東証マザーズ指数は前日比17.27ポイント高の1007.30ポイントと3日続伸。 東証1部市場は売り先行の展開となったが、新興市場は堅調な動きが継続した。朝方は利益確定の売りに押され気味だったが、売り一巡後は直近上場銘柄などに買いが入り、プラスで終わり1000ポイントを回復した。アンジェスは朝方4%近く上昇した後に一気に4%安まで値を下げるなど値動きは不安定だった。「新規材料難の中、一度消化した材料を蒸し返している」ため、売りにも買いにも持続性がなかった。 値上がり銘柄数は197、値下がり銘柄数は111となった。   7日に新規上場したBエンジニアは買い気配のま...

相場概況(前引け)
126円安、利益確定売り優勢
東京株式(前引け)=126円安、利益確定売り優勢

7日午前の日経平均株価は反落した。前日比126円71銭安の2万2587円73銭で終えた。前日の上昇で約1カ月ぶりの高値を付けたことから、利益確定売りが優勢だった。   きょう前場の東京株式市場は利益確定売りに押される展開。前日の欧米株高も、これに先立って注目を浴びた中国・上海株市場の急上昇を前日時点で織り込んでいたこともあって、きょうは上値の重い展開を強いられた。新型コロナウイルスの世界的な感染に対する警戒感も根強い。一方、上海株は今日も堅調に推移しているほか、ここ好調な経済指標が相次ぐ米国の景気回復に対する思惑などが下値を支える形となり、下げ幅は限られている。 &...

相場概況(寄り付き後)
売り先行、世界株高も利食い優勢
【市況】東京株式(寄り付き)=売り先行、世界株高も利食い優勢

【寄り付き概況】   7日の日経平均株価は反落して始まった。始値は前日比64円54銭安の2万2649円90銭。中国・上海株の大幅上昇を受け、日経平均は6日に約1カ月ぶりの高値を付けたこともあり、利益確定の売りが先行している。下げ幅は一時100円を超えた。   前日の欧米株市場は総じて上昇し、米国株市場では経済指標の大幅な改善を受けリスク選好の流れが強まりナスダック総合指数が連日で過去最高値を更新している。 東京株式市場でも米中の経済回復期待などを背景に市場心理が強気に傾きやすい場面だが、日経平均は前日に400円を超える上昇で3日続伸となっており、目...

カタリストコメント
「夏は素麺」
「夏は素麺」

「夏は素麺」   3連休空けのNY株式市場で主要3指数はそろって大幅続伸。 NYダウは459ドル(1.8%)高の26287ドルと3週間ぶりの高値水準を回復。 NASDAQは昼前にザラ場の高値を付けた後やや戻したもののFANG銘柄などハイテク大型が強く2.2%高と5日続伸。 連日の最高値更新。 サイコロは10勝2敗だ。 ISM非製造業景況感指数は57.1と前月より11.7ポイント上昇。 過去最大の改善幅となり好不況の境目となる50を3カ月ぶりに上回っての着地。 上海総合指数が6日に5.7%上げ2018年2月以来の高値となったことも好材料。 ...

相場展望(寄り付き前)
もみ合い展開か
【オープニングコメント】
もみ合い展開か

  7日の日経平均株価は、一進一退の展開か。 日経平均株価の予想レンジは、2万2600円-2万2900円。 NYダウ平均は459ドル高の26287ドルで取引を終えた。アジア、欧州株高の流れが波及した。米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数が過去最大の改善幅になり、米景気回復の期待が高まった面も大きい。   米国株は大幅高だが、東京株式市場ではきのうの米株先物の上昇で好影響は先取りしている。きのうの日経平均の大幅高はやや意外感もあるため、上では戻り売りも出てくるであろう。押しても下値は限定的とみるが、強弱材料が交錯する状況は変わっておらず、...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]   ■段ボール原紙輸出 1〜5月最高に 中国の通販拡大が支え   ■ジェイテクト<6473> パワーアシストスーツ拡充 低出力・衣服型など   ■ソニー<6758> 物流などのデータ 画像センサーで収集し分析   ■三菱重工<7011>系  無人物流へ開発体制拡充 フォークリフトで   ■エイベックス<7860> ネットでタレントなどの起用を支援   ■岩谷産業<8088> ガス警報器で地方...

NY株/欧州株概況
NYダウ459ドル高、米中景気の回復期待
【市況】NYダウ459ドル高、米中景気の回復期待

  6日のNYダウ工業株30種平均は続伸し、連休前の2日と比べ459ドル67セント(1.8%)高の2万6287ドル03セントと3週間ぶりの高値で終えた。   6日の中国本土市場の株価が大幅高となったことで、世界的にリスク選好ムードが広がり、米市場も寄り付きから買いが優勢となった。中国市場の代表的な指数である上海総合指数は5.7%上昇し、2年5カ月ぶりの高値で終了。中国国有メディアが「健全な強気市場を醸成することが非常に重要」との論説を掲載したことが好感されたとみられている。 これを受けてアジアや欧州の株式相場が軒並み大幅高となり、米市場にも買いが波及した。 ...

a