兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
【注意】血管年齢が実年齢より高いリスク

「健康寿命延伸産業」の市場規模は2020年には10兆円産業に成長すると見込まれています、ヘルスケア市場で常に大きな存在感を有するのが製薬会社です。

最近の過労死・過労自殺、過重労働起因の脳疾患・心疾患及び精神疾患の急増を受けて、会社の社員に対する健康管理責任が大きくクローズアップされています。

あなたは毎年、会社で健康診断を受けていますか?
最近、年齢が若くても血管年齢が高くなる方が増えているそうです。
健康診断や人間ドックで血管年齢という項目があります。
血管年齢が実年齢より高いと診断された方もいるかと思います。
医者に「このままいくと、心筋梗塞の発生率が高いですね」と言われて、危機感を覚えた方もいるでしょう。
 
なかには、「血管年齢」という言葉は聞いたことがあるけれど、実は何のことかよく分かってない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

血管は、だれでも年齢とともに徐々に硬くなり、老化していくそうです。

そもそも血管年齢って何?

血管年齢とは文字通り血管の年齢のことで、特に動脈硬化の状態を知る数値で、この年齢は人の老化の指標と密接に関係しています。
血管年齢が高いと動脈硬化が進行していることを表し、血管年齢が低いと動脈硬化がそれほど進行していないことを表します。

血管年齢が高くなる大きな要因は、
・喫煙
・暴飲暴食
・運動不足による肥満
・ストレスの蓄積
・高血圧
・脂質代謝異常
・高血糖などです。

動脈硬化とは?
  動脈の血管が、年齢とともに老化して、弾力性を失って硬くなった状態です。
血管の内側に様々な物質がこびりついて狭くなったりして、血液の流れが悪くなります。
内腔にプラークがついたり血栓が生じたりして血管が詰まりやすくなるようです。

動脈硬化は、喫煙・コレステロール・高血圧・肥満・運動不足などの危険因子が重なることによって発症しやすくなります。

血管が硬くなれば、動脈硬化も進んで、様々な病気や老化のリスクが高まることになります。

では、どうすれば血管年齢の改善・若返りが出来るのか?
 
毎日が忙しく、時間がないなどの理由でついつい運動不足になりがちです。
年齢とともに運動量は減っていく傾向にあります。これは、血管の老化とも関係しているのです。

血管年齢を上昇させている最も大きい原因はコレステロールです。
 

コレステロールには2種類あり悪玉コレステロール(多量の時、血管の内壁に付着して動脈硬化を起こす)と善玉コレステロール(血液のコレステロールを肝臓に運ぶ)があります。血管年齢を下げるには善玉コレステロールをあげて、悪玉コレステロールを下げる必要があります。

血管年齢の改善に効果的だと考えられているのが運動です。

特にハードな運動よりもウォーキングなどの軽い有酸素運動が効果的です。
データでは毎日運動をしている人はしていない人と比べて善玉コレステロールの値が高いこともわかっています。

そして、体力がついてきたら少し早歩きも効果的です。動脈硬化のもう一つの原因の中性脂肪も少しずつ減っていくと思われます。
 

ストレッチをすることで動脈硬化が改善するということもわかってきました。血管の内皮細胞から一酸化窒素が出て血管が広がる効果があるためではないかと推測されています。

血管年齢を若返らせる方法として最も簡単にできるのは、食生活を変えることです。

毎日の食事を見直すことも必要です。
食事を改善することで、老化した血管も元気に若返らせることができます。

そのためには、塩分を摂り過ぎないようにして、良質なタンパク質や抗酸化成分の多い野菜などを積極的に摂り入れることです。

また、手軽にとれるサプリメントとしては、ビタミンEやDHA・EPAが良いでしょう。
ビタミンEはコレステロールを下げる作用の他に抗酸化作用による肌のシミ、しわを予防します。DHA・EPAは青魚に含まれている成分で青魚が苦手な人にも気軽にとることができます。

 

注目トピックス
マザーズ市場展望
マザーズ市場展望

  マザーズ指数は600ポイント台で落ち着いた値動きとなっている。 新型コロナウイルスによる実体経済への悪影響、企業業績の悪化度合いがまだ見通せない状況で、不安定な株価動向が続いているが、新興市場に限っては売り需要のピークアウトによって個別ベースで物色の動きが活発化してきている。参戦リスクは大きいままだが、新興市場には短期的な物色妙味が台頭してきているようだ。   指数寄与度の高い主力級銘柄への投げ売りが一巡していることから目先的な下げ余地は後退している。 一方で遠隔医療関連としいった銘柄が人気を集めている。 また、クラウドソーシング、フリーランス人...

NY株/欧州株概況
NYダウ360ドル安、雇用統計の大幅悪化嫌気
【市況】NYダウ360ドル安、雇用統計の大幅悪化嫌気

3日のNYダウ工業株30種平均は前日比360ドル91セント安の2万1052ドル53セントで終えた。新型コロナウイルスの感染拡大に弱まる気配がないうえ、3月の米雇用統計で雇用者数が9年半ぶりに減少した。米景気への懸念が強まり、幅広い銘柄に売りが優勢となった。   米労働省が発表した3月の雇用統計は、新型コロナウイルスの感染拡大で雇用削減が広がる中、非農業部門就業者数が前月比70万1000人減となった。マイナスは9年半ぶりで、市場予想の10万人減も大幅に悪化。失業率も4.4%と、2年7カ月ぶりの水準に上昇。米国が深刻なリセッション(景気後退)に陥っているとの見方を裏付けた。...

株ちゃんの明日読み
神経質な展開か

神経質な展開か

今週は軟調となった。 米国で新型コロナウイルスの感染者数が大幅に増加したことから、米国株の戻りが一服。国内でも東京で感染者数が増加傾向となったことで売りに押される地合いが続いた。 特に後場に入って売られる場面が多かったことも、先行き警戒感を強めた。後半にかけては原油価格の急伸を材料に買いが入る場面もあったが、弱い地合いが続く中、高くなるところでは戻り売りに押された。 日経平均は週間では約1569円の下落となり、週足では院線を形成した。   来週は神経質な展開か。 日々発表される新型コロナウイルスの感染被害状況に神経質となる状況は大きくは変わらないだろう。 ...

為替市況コメント
米ドル円は一時108.480円まで上昇、この後は米雇用統計に注目か
【為替】米ドル円は一時108.480円まで上昇、この後は米雇用統計に注目か

[概況] 3日、東京外国為替市場の米ドル円は一時108.480円まで上昇し堅調な推移となっている。米国取引時間において、原油価格の急騰などを受けNYダウは400ドル超上昇するなど、米主要株価が反発したことでリスク回避姿勢はやや後退し米ドル円は買いが優勢の展開となった。   現在、欧州時間に入り米ドル円は108.460円付近で本日の高値圏で推移している。また、この後は米雇用統計の発表が予定されており注目となりそうだ。   テクニカル的には米ドル円は5日移動平均線(107.874円)を上抜ける格好となっていることから、同線をサポートに再度上昇に転じる可...

相場概況(大引け)
小幅反発も原油・米株高を好感も伸び悩み
東京株式(大引け)=小幅反発も原油・米株高を好感も伸び悩み

【大引け概況】 3日の日経平均株価は5営業日ぶりに小幅反発し、前日比1円47銭高の1万7820円19銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:37 容量:5.55M 過去のマーケット動画はこちら   前日の米株式市場では、原油価格の上昇を受けNYダウが前日比469ドル高と急伸した。これを受けた、東京株式市場も朝方は買い優勢の展開となり、上昇幅は200円を超し、1万8000円を回復する場面があった。買い一巡後は後場に入り売りに押される展開となった。   ロシアとサウジアラビアが減産で合意...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は5日続落、消費関連銘柄が売られる
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は5日続落、消費関連銘柄が売られる
 

  日経ジャスダック平均株価は5日続落した。終値は前日比43円21銭安い2834円93銭だった。前日の米国株の値上がりなどを背景に買いが先行して始まったものの、国内での新型コロナの感染拡大に歯止めがかかっていないほか、都市封鎖などへの警戒感もあり、次第に買い見送りムードが強まった。企業業績の悪化懸念は根強く、新興市場でも消費関連銘柄を中心に幅広い銘柄で売りが出た。ワークマンやあさくま、シダックスが下落した。 こうしたなか、ジャスダック市場では引き続き在宅関連など個別に材料のある銘柄を中心に個人投資家などによる値幅取りの動きが強まっていた。 ジャスダック市場の売買代金...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日続落、指数寄与度の高い銘柄売られる
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続落、指数寄与度の高い銘柄売られる

東証マザーズ指数は前日比19.37ポイント安の593.63ポイントと3日続落した。 3月23日以来、約2週間ぶりに600ポイントを下回った。 朝方こそ高く寄り付いたが、その後は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた先行き懸念から下落に転じ下げ幅を拡げていった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気下押し懸念は根強く、緊急事態宣言が発動されるのではないかといった警戒感もあり、次第に下落に転じていった。指数寄与度の高いメルカリ、そーせいなどが下落した。 このところ買いを集めていたメドレーやMRTなどのオンライン医療関連が大幅に下落した。一方で、ネットを通じた動画視聴の伸びが追い風と...

相場概況(前引け)
54円高と反発、戻り待ちの売りに押され伸び悩む
東京株式(前引け)=54円高と反発、戻り待ちの売りに押され伸び悩む

3日の日経平均株価は前日比54円63銭高の1万7873円35銭、東証株価指数(TOPIX)は6.54ポイント高の1336.41と、ともに小反発した。 現地2日の米国株式が大幅に反発したことなどから、買い先行でスタート。午前9時11分に、日経平均の上げ幅は一時240円程度まで拡大した。買い一巡後は、手掛かり材料に乏しいなか、戻り待ちの売りに押される格好となり、伸び悩んだ。   トランプ氏は2日、ツイッター上で「彼らは約1000万バレルの減産をするだろう」と投稿した。原油の需給が改善するとの期待から原油先物相場が急伸した。3月にかけての原油安が世界的な株安の一因となっていたこ...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は5日続落、幅広い銘柄で売りが先行
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は5日続落、幅広い銘柄で売りが先行

日経ジャスダック平均株価は5日続落した。前引けは前日比12円40銭(0.43%)安い2865円74銭となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛要請が続くなか企業業績の悪化懸念は根強く、幅広い銘柄で売りが先行した。 一方で、在宅勤務や動画サイト関連など足元の状況が追い風となるとみられる一部の銘柄には買いが集まっていた。 ジャスダック市場の売買代金は概算で156億円、売買高は3865万株。 値上がり銘柄数は221、値下がり銘柄数は337となった。   個別では、大成温調、nms ホールディングス、ゲンダイエージェンシー、翻訳センター、WDIなど31銘...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は3日続落、戻り待ちの売り
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は3日続落、戻り待ちの売り

東証マザーズ指数は前日比5.41ポイント安の607.59ポイントと3日続落。 手掛かり材料に乏しいなか、戻り待ちの売りに押される格好となった。 週末に加え、米国では今夜、3月の雇用統計など注目度の高い経済指標の発表が控える。 市場では「ある程度の悪化は織り込んでいるが、実際の悪い統計内容を目にすれば、投資家の不安感が改めて増幅しかねず、結果を見極めたい」との指摘も多く聞かれる。このため、模様眺めムードの強い展開となり、上値の重い展開が想定される。 値上がり銘柄数は112、値下がり銘柄数は198となった。   個別では、SERIOホールディングスが一時スト...

a