兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
ビッグウェープに乗って儲けること

サーフィンの極意は大きな波に乗ること。
株式投資だって一緒だ。
大相場に遭遇した時こそ、株式投資のタイミングなのだ。
私が証券界に足を踏み入れたのが1980年頃。
そこからバブル相場があり、ITバブル相場があり、新興株相場があり、そしてアベノミクス相場。
約40年の間に大相場は4〜5回しかなかった。
つまり大相場は10年に1回はやってくるということだろう
このタイミングで相場に乗って、相場から降りるのが極意になる。

「10年にー回?だったらあとせいぜい2回か、…」なんて悩むことはない。
上昇相場が10年にー回ということは下落相場も10年に1回あるということ。
 

ブラックマンデー、バブル崩壊、ITバブルの崩壊、新興株相場の崩壊、パリバショック、リーマンショック、東日本大震災 など等。

そして下落相場こそ買いのタイミングというのは歴史が証明してきたことだろう。
「株は下がらなければ上がれない。上がらなければ下がらない」というのは永遠の法則。
下がった時に、投入資金がなければ大相場には乗れない。
そして資金の余裕を保つためには、上がった時に現金をつくっておかなければならない。

この大きな流れをつかむことが極意になる。
「上がった、下がった」で一喜一憂しないこと。
同世代の方は、これまでの60年近くの人生で得た経験則は、株式投資では少なくとも「良い予感」「悪い予感」として花開くだろう。
20代から社会に出て経験してきたことは必ず株式投資の役に立つはず。
大きな流れを読むのは、若者には時間軸として難しいこと。
我々には少なくとも40年という時間と経験がある。
これはプライオリティになる。

【株式名言】
相場の極致は手仕舞いにあり


株ちゃんの明日読み
強弱感で揺さぶられる可能性

強弱感で揺さぶられる可能性

今週は軟調展開となった。 日経平均は週初には終値で昨年来高値を更新したものの、その後は新型肺炎への警戒が強まり、上値の重い展開。アジア株の下げが欧米に波及し、世界株安の様相が強まる場面もあった。そのような中でも史上最高値圏にある米国株が比較的しっかりとした動きを見せた。 国内も翌週に決算発表を多く控えていたことなどから、下値では買いが入った。 ただ、中国の春節休場を前に感染拡大への警戒も強く、週間では下落した。物色では新型肺炎に関するニュースが連日で流れる中、マスクなど関連企業などが連日で派手な動きを見せた。 日経平均は週間では約214円の下落。週足では3週ぶりに陰線を形成した...

相場概況(大引け)
31円高と小幅反発も上値重い
東京株式(大引け)=31円高と小幅反発も上値重い

【大引け概況】 24日の東日経平均株価は小幅反発し、前日比31円74銭高の2万3827円18銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:02 容量:8.75M 過去のマーケット動画はこちら   中国で多発する新型肺炎の感染拡大を警戒した売りと、好業績が期待される電機株などを買う動きが交錯し、方向感なくもみ合った。   前日のNYダウは一時220ドル近い下げとなったが、引けにかけ下げ渋り結局26ドル安だった。この流れを引き継ぎ、日経平均株価は上昇して始まり、午前9時10分過ぎに前日比70銭...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続落、主力株が軟調
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、主力株が軟調
 

日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前日比24円78銭安い3925円03銭だった。 NYダウは26ドル安と3日続落し日経平均株価は、前日終値を挟んだもみ合いが続いた。午前は中国で多発する新型肺炎への警戒感が強まり、上値が重かった。足元の株式相場全体に上昇一服感が広がる中、指数は昨年来高値圏とあって、週末を前に利益を確定する目的の売りが優勢だった。ワークマンやマクドナルドなど内需の主力株が軟調だった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で603億円、売買高は9057万株だった。 出来高1億1406万株。値上がり銘柄数は219、値下がり銘柄数は404となった...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日続落、時価総額上位銘柄が軟調
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続落、時価総額上位銘柄が軟調

  東証マザーズ指数は3日続落した。終値は前日比10.23ポイント安い869.40だった。 前日の米国市場では、新型コロナウイルスの感染拡大を巡っての懸念が強まり売りが先行。ただ、世界保健機関(WHO)が非常事態宣言を見送ったことから引けにかけては下げ幅を縮小した。こうした外部環境が良好とはいえない中、個別に材料のあったところへの物色は見られたものの、主力級の時価総額上位銘柄については大きく売り込まれるところが多かった。スマホ決済企業の買収を発表したメルカリが売られ、指数を押し下げた。 週末相場で積極的な売買も控えられた。 値上がり銘柄数は83、値下がり銘柄数は...

相場概況(前引け)
12円と小幅安、新型肺炎への警戒続く
東京株式(前引け)=12円と小幅安、新型肺炎への警戒続く

24日午前の経平均株価は小幅続落し、前日比12円77銭安の2万3782円67銭で終えた。 寄り付きは米半導体大手インテルの決算を受け半導体関連株を中心とした買いが先行した してスタートし、9時10分過ぎには一時、前日に比べ70円強上昇する場面があった。しかし、買い一巡後は値を消し午前10時過ぎにはマイナス圏に下落した。   新型肺炎の感染拡大に対する警戒感から短期筋が利益確定売りを出し下げに転じた。ただ、香港株の下げが限定的で、持ち高を一方向に傾ける動きは限られた。業種別では保険業の下げが目立った。   中国政府は24日、湖北省武漢市で発生した...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は続落、利益確定売り
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続落、利益確定売り

日経ジャスダック平均株価は続落した。前引けは前日比27円30銭安い3922円51銭だった。NYダウは3日続落した。円相場も1ドル=109円50銭前後と円高基調が続いている。外部環境の不安定さを背景に東京株式市場も神経質な展開を余儀なくされている。 ジャスダック指数が昨年来高値圏にある中、足元の株式相場全体の上昇一服を受け、個人投資家などの利益確定売りが優勢だった。ワークマンやセリアなど内需の主力株が総じて軟調だった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で340億円、売買高は5779万株。 値上がり銘柄数は190、値下がり銘柄数は390となった。  ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は3日続落、買い見送り気分
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は3日続落、買い見送り気分

東証マザーズ指数は前日比13.43ポイント安の866.20ポイントと3日続落。 NYダウは3日続落した。円相場も1ドル=109円50銭前後と円高基調が続いている。外部環境の不安定さを背景に東京市場も神経質な展開を余儀なくされ、マザーズ先物にも悪影響を及ぼしている。感染拡大が懸念される新型肺炎の震源地である中国が春節休暇入りで休場となることなどから、全般は買い見送り気分となっている。スマホ決済企業の買収を発表したメルカリが急落し、指数の重荷となった。 値上がり銘柄数は69、値下がり銘柄数は230となった。   個別では、アドベンチャーがストップ安。ミクシィ、オイシ...

相場概況(寄り付き後)
54円68銭高、半導体株堅調
【市況】東京株式(寄り付き)=54円68銭高、半導体株堅調

【寄り付き概況】 24日の日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比54円68銭高の2万3850円12銭。   前日のNYダウが26ドル安となったものの、一時200ドルを超える下落から下げ幅を縮小して取引を終えた。世界保健機関(WHO)が新型肺炎に対する緊急事態宣言を見送ったことから、買い戻しが流入した。   NY市場の動きを受け、東京市場には買いが流入し底堅くスタート。 前日発表の米半導体大手インテルの増益決算などを受け、業績期待の高まった半導体関連株を中心に買われている。東エレクやスクリンなどが買われている。 ただ、新型肺炎の感染拡大...

カタリストコメント
「カナリアはどう鳴く?」
「カナリアはどう鳴く?」

  「カナリアはどう鳴く?」     木曜のNY株式市場でNYダウは続落。 S&P500は小幅続伸。 NASDAQは続伸で過去最高値を更新した。 ほぼマイナス圏で推移した動き。 引け際の製薬大手ギリアド・サイエンシズの発表。 「自社のエボラ用試験薬を新型コロナウイルス感染の治療に利用できるかどうか検証している」。 これを受けてS&PとNASDAQはプラス圏に浮上した。 ただ新型コロナウイルス感染拡大懸念は継続しており上値は重い。 週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比6000件増の21万1000件。 市...

為替市況コメント
WHO緊急事態宣言の見送りでひとまず警戒感が後退か
【為替】WHO緊急事態宣言の見送りでひとまず警戒感が後退か

[概況] 23日、欧米時間の外国為替市場における米ドル円は一時109.260円まで下落するも、その後109台半ば付近まで反発し下げ渋る展開となった。 新型コロナウイルスによる感染拡大への警戒感から米主要株価は下落し、米ドル円も弱含んだがその後、世界保健機関(WHO)が緊急委員会において、緊急事態宣言を見送ると発表したことなどを受け、警戒感がやや後退したようだ。   ただし日本国内でも2人目の感染が確認されるなど引き続きコロナウイルスに関する報道には警戒が必要だ。   テクニカル的には米ドル円は1月8日の安値から17日高値までの上昇分に対す...

a