兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
急増する心の問題に悩む人
急増する心の問題に悩む人
厚生労働省のレポートでは、うつ病および関連する心の問題に悩む人は100万人を超えています。 
日本人が生涯で一度以上、重たくて長いうつ病に悩む確率(生涯罹患率)は、もともと15%程度と言われていました。 
実は10数年前から世界的に見ても比較的高いことが知られていたのですが、厚生労働省の発表を見ると更に高くなっています。 

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成23年は320万人と依然300万人を超えています。 
内訳としては、多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症などとなっており、 近年においては、うつ病や認知症などの著しい増加がみられます。

厚生労働省HP 精神疾患のデータより

「うつ病が怖い」といわれる理由、皆様はどう思われるでしょうか? 

「うつ病が怖い」といわれる理由 
何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。
何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。
仕事に関する事 昇進、降格、失業、仕事の失敗、定年
健康に関する事 月経、事故、からだの病気
家族に関する事 妊娠、出産、こどもの就職・結婚、家庭内の不和・離婚
お金に関する事 貧困、税金問題、相続問題
状況の変化 旅行、引越し、転勤
喪失体験 近親者との死別・離別、病気
などの理由が挙げられます。 

また、うつ病にならないようにするには、「ストレスを抱え込まない」 
普段から過労を避け、十分な睡眠をとりましょう。 
特に環境に変化があったときは、休養をとったりしてゆっくり過ごす時間を作りましょう。 

昨年、うつ病の人は世界で推計3億2,200万人に上るとする報告書を世界保健機関(WHO)がこのほど公表した。報告書は、うつに苦しむ人が全世界人口の4%を超えながら、その多くは正しい診断や適切な治療を受けられていないと指摘し、早急な対策の必要性を訴えています。 
うつ病は男性より女性に多くみられるほか、年齢別では55〜74歳の発症率が高い。15歳未満も発症しています。 

15年の世界の全自殺者は推計78万8千人で、死者全体の約1.5%を占め、特に15〜29歳の若年層の死因で2番目となっています。 
世界保健機関(WHO)は、うつ病は治療や予防が可能だとし、発症が疑われる場合は自分が苦しんでいることを信頼できる人に話すことが治療への第一歩だと促しています。
原因の一つでもある、過度なストレスが引き金になっておこるうつ病ですが、 
「ストレスチェック」が義務化され、メンタルヘルスケアに対する企業側の意識が変わっています。 
法定健診や産業医の選任、ストレスチェック制度など、従業員の健康管理に係わる施策の分野が2020年に同36%増と拡大すると予想されています。 

厚生労働省は、「自殺やうつ病による経済的損失が年間約2兆7000億円に上る」という実害を試算しています。 
何らかの対策が迫られているのが現実です。 
義務化の後押しもあり、身体だけでなくメンタル面でのサポートも従業員のパフォーマンス向上・企業の収益性向上に重要だという認識が広がりつつあります。 
心身ともに従業員をサポートし、環境を整える企業が今後も増加していきそうです。 

株式市場で、うつ病関連銘柄として注目されているヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ <6090>は、「うつ病関連バイオマーカー測定試薬キット」で世界展開を視野にしています。3月26日に発表したうつ病関連バイオマーカー測定試薬キットの有償提供の開始で注目を集めています。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

また、「ストレスチェック」関連も見逃せません。 

直接的な恩恵を受けそうなのが、メンタリティマネジメントが主力のアドバンテッジリスクマネジメント <8769>です。 
同社は、企業のメンタルヘルスケア対策ソリューションを提供し業界トップシェアを誇ります。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

パソナG系の福利厚生代行サービスのベネフィット・ワン <2412>は、業界最大の福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を754万人の会員に対し、約136万件以上のお得な優待サービスを提供しています。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

金融・流通関連ソフト開発のTDCソフトウェアエンジニアリング <4687>は、クラウドによるストレスチェック支援システムを販売しています。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

会計ソフトや統合業務ソフトの開発・販売のミロク情報サービス <9928> は、人事給与システムでメンタルヘルスにも対応しています。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

こうした企業のストレスチェック義務化に対応したサービスの採用に弾みが付くことが期待されています。 
株式市場では、ストレスチェック関連銘柄として関心が高まっています。 
ろう。


毎日コラム
【注目】今どきの働き方改革ツールは?
【注目】今どきの働き方改革ツールは?
働き方改革の主要な目的は、生産性の向上が一つではありますが、それに向けた施策のなかで見落とされがちなのが、社員の健康管理でしょう。
政府も積極的に取り組んでいる「メンタルヘルスケア」。

「ストレスチェック制度」が新たに施行され、2015年12月から対象となる事業所では年1回実施することが義務付けられています。
年に1回の健康診断が会社義務という認識でしたが、企業にはより細やかな社員の健康管理が求められる時代になっています。

「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が 50 人以上いる事業所では、2015 年 12 月から、毎年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられました。

※ 契約期間が1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は義務の対象外です。
厚生労働省が行った調査では、強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者が60%にも上るという結果が出ています。

長時間労働など仕事が強いストレスになっている状態に長くさらされるほど心理的負荷高くなります。その結果、精神障害や過労死を引き起こすリスクもあります。
また、強い心理的負荷は、判断力を奪います。自殺者が急増しているのは、働くこと自体が強いストレスとなっているからでしょう。
メンタルヘルス不調者が発生する企業などは、ブラック企業との悪評がつく可能性があります。その結果、取引先の信頼を失うばかりか,人手不足の昨今,離職者の増加やリクルートの困難につながるおそれがあります。

メンタルヘルス不全を防止するためには、「早期発見」と「予防」が何よりも大切です。

最近では、ウェアラブル端末を活用した従業員管理が新しいトレンドになりつつあります。

三菱ケミカルホールディングス<4188>は、昨年、社員に腕時計形式のウェアラブル端末を配布し、睡眠時間や心拍数などを自動計測して社員の健康管理や職場の「働き方改革」を進めると発表しています。

また、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」に選ばれている伊藤忠商事<8001>は、若手社員に肥満防止のため腕時計型のウェアラブル端末を支給している。30代、40代の社員は、いわゆる生活習慣病予備軍。血圧や心拍数、歩行数、睡眠時間などの生体データを測定することで自己管理を促すだけでなく、そのデータをもとに生活習慣の指導を行うなど、健康管理に役立てています。
経済産業省が「健康経営優良法人2017」に認定した大日本印刷<7912>NTTドコモ<9437>は、スマートサービステクノロジーズ(SST)とともに、利用者自身が手軽に"セルフ健康測定"を行える新型「ヘルスキオスク端末」を開発。健康増進と、異常の早期発見を可能とする「健康経営ソリューション」の提供に向けて、大日本印刷本社で同端末の実証実験を行うと発表しています。

IDC Japanが昨年発表した、データ予測によると、2017年には1億2,170万台(2016年は1億440万台)と予測されるウェアラブルデバイスの出荷台数は、2021年には2億2,950万台に成長すると見込まれ、2017年〜2021年の年間平均成長率は17.2%と二桁成長が続くと期待されています
現在、市場の約半数を占めているのは腕時計型、今後も腕時計型が市場をリードする傾向が続くとみています。

日本企業も市場拡大に歩調を合わせる形で開発強化にしのぎを削っています、今後も一段と活発な競争となるでしょう。
心拍数や睡眠の深さなど、体に関するあらゆる値を計測することができるウェアラブル活動量計。タニタ、ソニー、エプソン、パナソニックなどからから、腕時計型やリストバンド型など色々な種類の商品が続々と発売されています。

ウェアラブル関連銘柄は、株式市場でも要注目のセクターではないでしょうか。
 
ウェアラブル関連銘柄
銘柄名 コード 市場
ジンズ 3046 東証1部
オプティム 3694 東証1部
ブラザー工業 6448 東証1部
オムロン 6645 東証1部
セイコーエプソン 6724 東証1部
ソニー 6758 東証1部
カシオ計算機 6952 東証1部
NTTドコモ 9437 東証1部
CYBERDYNE 7779 マザーズ


NY株/欧州株概況
NYダウは1ドル高、米中交渉を注視、ボーイング上昇が支え
【市況】NYダウは1ドル高、米中交渉を注視、ボーイング上昇が支え

18日のNYダウ工業株30種平均は小幅に上昇した。終値は前日比1ドル11セント高の2万4715ドル09セントだった。 米中両国は17、18日の2日間、ワシントンで「貿易戦争」回避に向けた公式協議を開催。一部メディアは、米国が問題視する対中貿易赤字の削減に向け、中国が毎年最大2000億ドル(約22兆円)相当の米国産品の輸入を提案したと伝えたが、中国政府は報道内容を否定。 情報が交錯する中、市場では協議の行方を見極めたいとの思惑が広がり、積極的な取引は手控えられた。 中国側の提案で最も恩恵を受けると報じられた航空機のボーイングには買いが膨らんだ。同じく中国との取引が多いキャ...

為替市況コメント
米金利続伸で、米ドル円も高値更新。
【為替】米金利続伸で、米ドル円も高値更新。

[概況] 18日東京時間の外国為替市場において、米ドル円は引き続き堅調な推移を示している。 一連の米ドル買いの背景となっている米金利上昇が本日も継続し、米10年債利回りは一時3.126%と年初来の最高水準へと上昇。 米ドル円も足並みをそろえて今月高値を111.13円へと更新している。 欧州時間に入って、米金利の上昇に一服感がでたことで、米ドル円の上昇も一服しているが、111.00円の大台付近の水準は維持しており、地合いの強さは継続している。 テクニカル的には、昨年11月高値から今年3月の安値までの61.8%戻しの水準である110.86円を上抜けたことで、騰勢が一段強ま...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は続伸、ALBERTが3日ストップ高
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続伸、ALBERTが3日ストップ高

東証マザーズ指数は前日比2.06ポイント高の1154.41ポイントと続伸した。 値上がり銘柄数は156、値下がり銘柄数は92となった。 そーせいやミクシィなど、時価総額の大きい銘柄は下落した。 個別では、トヨタとの業務提携を発表したALBERTが3日ストップ高、みらいワークスがストップ高となった。 みんなのウェディング、メドピア、テラプローブなど7銘柄は年初来高値を更新した。AMBITION、メタップス、アトラエが買われた。 半面、前立腺がんワクチンで改善効果が出なかったと発表したブライトパス・バイオがストップ安。 メディネット、イノベーション、オンコセラピ...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は15円と続伸。主力株堅調で、新興市場にも買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は15円と続伸。主力株堅調で、新興市場にも買い
 

日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比15円13銭高い3955円14銭となった。 東証1部に上場する主力株が堅調に推移し、投資家心理が改善した。新興企業株にも買いが広がった。 ジャスダック市場の売買代金は概算で603億円、売買高は1億150万株だった。 値上がり銘柄数は361、値下がり銘柄数は293となった。   個別では、サンユー建設がストップ高、ソフィアホールディングスは一時ストップ高となった。 湖池屋、グリムス、ANAPなど22銘柄は年初来高値を更新した。フォーサイドやレカム、アイエックス・ナレッジが買われた。 半面、エスエルデ...

相場概況(大引け)
91円高。円安好感で買い先行で3か月半ぶり高値
東京株式(大引け)=91円高。円安好感で買い先行で3か月半ぶり高値

18日の日経平均株価は、前日比91円99銭高の2万2930円36銭で終えた。 2月2日以来約3カ月半ぶりの高値となる。   本日のマーケット動画 時間:00:00:55 容量:7.89M 過去のマーケット動画はこちら   米長期金利の上昇につれて、1ドル=111円ちょうど近辺まで円安・ドル高が進み、自動車株や海運株などに採算改善を期待した買いが入った。 米原油先物相場の時間外取引での上昇を背景に、鉱業株や石油株も高かった。 ただ、上値では利益確定目的の売りも出て日経平均は2万3000円の節目に...

相場概況(寄り付き後)
円安・ドル高で堅調に推移
【市況】東京株式(寄り付き)=円安・ドル高で堅調に推移

【寄り付き概況】 後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比83円98銭高の2万2922円35銭で始まった。 東証株価指数(TOPIX)は、6.26ポイント高の1814.63で始まった。 為替の円安・ドル高が日本株の支えとなり、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに堅調に推移している。 外国為替市場では、1ドル=110円90銭台での推移。アジアの主要株式市場は総じて堅調。 個別では、トヨタ、スズキなど自動車株が総じて高く、ファナックが反発した。JXTG、国際帝石、郵船が値を上げ、ソニーはしっかり。資生堂、ファーストリテ、東電力HDも堅調。 半面、...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反落。時価総額上位の銘柄に売り。
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反落。時価総額上位の銘柄に売り。

東証マザーズ指数は前日比4.43ポイント安の1147.92ポイントとした。 ブライトパスやそーせいなどバイオ株が下落し、ミクシィなど時価総額上位の銘柄に売りが出て指数を押し下げた。  値上がり銘柄数は127、値下がり銘柄数は117となった。    個別では、イノベーション、メディネット、ジェネレーションパスエクストリームなど6銘柄が年初来安値を更新した。 アライドアーキテクツ、オウチーノ、ソウルドアウトが売られた。 一方、みんなのウェディング、テラプローブなど4銘柄が年初来高値を更新した。 グローバル・リンク・マネジメント、みらいワーク...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は続伸、大型株上昇で、新興市場にも買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、大型株上昇で、新興市場にも買い

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比2円07銭高い3942円08銭となった。 東証1部の大型株が上昇し投資家心理が上向き、新興企業にも買いが入った。日経平均株価が伸び悩むと、ジャスダック平均も上げ幅を縮小した。   ジャスダック市場の売買代金は概算で367億円、売買高は6283万株。 値上がり銘柄数は322、値下がり銘柄数は300となった。    個別では、ソフィアホールディングスが一時ストップ高となった。17日の取引終了後「子会社アクアが経済産業省が推進するIT導入補助金のIT導入支援事業者に認定された」と発表し、これを好材...

相場概況(前引け)
57円と続伸。円安進行で主力株中心に買い優勢
東京株式(前引け)=57円と続伸。円安進行で主力株中心に買い優勢

18日午前の日経平均株価は続伸した。前日比57円74銭高の2万2896円11銭で前場を終えた。 自動車株や海運株に採算改善を期待した買いが入った。 米原油先物相場が時間外取引で上昇したのを背景に、石油株や鉱業株も上げた。 円相場が1ドル=110円台後半でじり安となり、円安が進行したことを背景に主力株中心に買いが優勢となった。 前日の米国市場では、経済指標が予想を上回り、米10年債利回りが一段と上昇し、日米金利差を背景とした円の先安思惑が全体相場の押し上げ要因となった。 デンソーやホンダ、スズキなどが一段高となり、日経平均の上げ幅は100円を超える場面があった。 日...