兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
2020年「プログラミング教育」が必修化
2020年「プログラミング教育」が必修化
文部科学省が発表した新しい「学習指導要領」で、2020年から小学校にて「プログラミング教育」が必修化されることが決まりました。 

経済産業省が発表した調査では、IT社会がさらに進んでいく中、技術者が不足することが予想されているため、技術者不足を補うためのきっかけとなることも期待されています。 

小学生のうちからプログラミング教育を受けさせることはこうした言語能力や論理的思考力を培う上でとても役に立つものです。
文部科学省によると、 
プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むこと、との見解が出ています。 

プログラミング教育とは、実際にどんなものがあるのでしょうか。 
1.プログラミング学習用ソフト「Scratch」(スクラッチ)で簡単なプログラミングを学ぶ 

「Scratch」は小学生向けプログラミングスクールの教材としてよく使われています。 
8歳から16歳向けに開発された教育用のプログラミング言語です。 

Scratchではプログラミングと聞いて連想されるような複雑なソースコードを記述することなくプログラムを構築することができる初心者でも取り組みやすいのが特徴です。 
本格的なプログラミングに取り組む前の教材としても優秀です。 
本格的なプログラミングを学ばせたいと思っている人は「scratch」を学べるスクールなどで学習するのも有効です。 

2. 「ロボットプログラミング」で学ぶ、自分で組み立てたロボットなどを動かす 

「ロボットプログラミング」は画面上で組み立てたプログラムを動かす一般的なプログラミングとは違って、実際にロボットを組み立てそのロボットをプログラムによって動かすといったものです。 

「ロボットを思い通りに動かすにはどんなプログラムを組めばいいのか」、「こんな動きをさせたいけどどんなロボットを組むのが最適か」など工作感覚で楽しむことができます。 

「ロボットプログラミング」を起点にして様々な技術に触れることで、子どもなら、将来、夢の仕事に就けたり、大人なら、仕事に活用できるアイデアが生まれたりするきっかけになるかもしれませんね。 

3. スマホアプリの開発に取り組みながらプログラミングの基礎、応用を学ぶ 

スマートフォンは現在、日常生活に必要不可欠なデバイスです、小さい頃からスマートフォンを使うお子さんも多いのではないでしょうか? 

お子さん向けのプログラミング教育の中には、スマートフォン上で動作するアプリを開発するスタイルのプログラミング教育もあり、子供のうちからスマートフォンに慣れ親しんでいる子は自分でアプリを作れるため、興味を持って取り組むことができるのではないでしょうか。 

単純な操作を少しずつ楽しみながらやっていくことで、プログラミングに必要な論理性と批判的思考の力を養うことができると言うことです。 
「プログラミング教育」といってもその内容は様々です。 
「どんなプログラミング教育を受けさせるといいのだろうか?」と迷ってしまうかもしれません。 
無理なく継続的に学習するためにはお子さんの興味・関心に合ったものを選ぶこと需要です。 

2020年の小学校におけるプログラミング必修化に備え、プログラミング教室の需要が増加していると報じられています。 
初歩的な入門講座に加え、高度な内容の講座も人気になっています。

「ソフトウェアを使いこなせる」だけではなく、「ソフトウェアを作りだすことができる」のがいま求められているIT人材像です。 

AIやRPAの知名度向上を背景に、プログラミングへの関心は高まっており、今後も引き続き堅調な需要が続くことが予想されています。 

【関連銘柄】
新日鉄住金ソリューションズ
<2327>
プログラミング学習サイトK3Tunnel(ケイサントンネル)を開設
アイスタディ
<2345>
eラーニング学習ソフトウェアや企業の認定研修など
すららネット
<3998>
eラーニングによる教育サービスの提供
市進ホールディングス
<4645>
プログラミング教育
東京個別指導学院
<4745>
小3-6年生のプログラミング講座
サイバーエージェント
<4751>
Tech Kids Schoolを運営
学研ホールディングス
<9470>
Gakken Tech Program


スケジュール
週間スケジュール07月22日の週
2018年07月


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

毎日コラム
「咳が止まらない」は要注意かも?
「咳が止まらない」は要注意かも?
天候は企業のさまざまな活動に影響をもたらします。
たとえば猛暑になればビールなどの飲料メーカーやエアコンを作る電機メーカーなどには追い風になります。

株式市場ではこうした夏関連株を「サマーストック」と呼びます。
相場格言に「麦わら帽子は夏に買え」とあるように、真夏になってから猛暑関連銘柄を買うのではタイミングが遅すぎます。今からがチャンスではないでしょうか。
猛暑関連というと、エアコン、清涼飲料、アイスクリーム、ビール、制汗スプレーなどがよく売れます。

エアコン業界では、ダイキン工業〈6367〉が注目株です。他エアコン関連企業は日立〈6501〉、東芝〈6502〉、三菱電機〈6503〉、パナソニック〈6752〉、富士通ゼネラル〈6755〉、ツインバード〈6897〉などがあります。

猛暑になる前に、訪れるのは梅雨です。
梅雨の時期に、いろいろな体調不良で悩まれることはありませんか?
風邪、頭痛、腹痛、目まい、倦怠感、体の冷え、肩こりや腰痛など、いかがでしょうか。
特に注意なのが梅雨時の咳です。
「風邪が原因ではない」可能性があります。
ちょっとだるくて「風邪かな〜」と思って市販薬を飲んでも、微熱や咳などの症状が続くことがありませんか。

もし、そんな症状があったら、夏型肺炎(夏型過敏性肺炎)かもしれません。
肺炎といえば、冬に多いというイメージがありますが、最近増えているのが夏型肺炎です。主な症状は、咳と発熱、それにだるさです。
過敏性肺炎には何十種類ものタイプがありますが、その4分の3を占めるのが夏型肺炎で、原因は、なんと室内のカビの一種(トリコスポロン)なのです。

台所・浴室などに繁殖しているトリコスポロンというカビを、知らず知らずのうちに吸い込むことによって起こる事をご存知でしたか?
身近に起こる病気ですので、日頃から注意が必要です。
そのためにも、特に梅雨の時期から夏場にかけて、カビが部屋の中で繁殖しないように心掛けたいですね。
 
病気予防はこまめな掃除と換気を中心に
カビによる肺などの病気にならないための予防法について、5つのポイント。
雨の時期にカビが繁殖しないようにこまめに掃除をする
特に水回りは、換気するなどして乾燥に心掛けるほか、換気扇・扇風機を利用して空気がよどまないようにする。風呂場の天井のカビは、スモークタイプのくん煙剤を活用するのも一考
エアコン内にはカビが繁殖しやすいため、マスクを着用し、機器の取り扱い説明書にそった清掃を行う
仕事などで外出し、締め切ったままの部屋は、帰宅後に窓を開けるなど空気の入れ替えを行う
免疫系の働きを維持するため、健康管理に留意する
カビといえばジメジメした梅雨入りの5月後半〜7月に多く発生するイメージがあります。

カビ対策の手段として空気清浄機は必要でしょう。

空気清浄器関連では、シャープ <6753>が独自技術のプラズマクラスター(プラズマ放電によりイオンを作り出し放出。浮遊カビ菌などを空中で除去し、浮遊ウイルスの作用を抑え、浮遊カビ菌などを空中で除去する)を生かした加湿空気清浄器が、車載用エアコンへの導入などもあり、好調な推移をみせています。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

ダイキン工業 <6367>は、外の空気中の水分をエアコンが取り込み給水をしなくても加湿できる「無給水加湿」の独自機種を開発しています。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

また、象印マホービン <7965>の加湿器は、フッ素加工内容器で汚れがこびりつきにくいうえに、面倒なフィルターが無い広口構造で手入れが簡単なのが特徴です。

チャート出典:ストックウェザー株式会社

最後に、食事、睡眠、運動。普段の生活習慣の意識が梅雨時の体調を大きく左右します。
また、これから時期は誰もが体調不良を起こしやすく、だるさや疲労感、ストレスと闘っています。
体調管理は万全に!
 


スケジュール
週間スケジュール07月21日の週
2018年07月


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

為替市況コメント
米ドル売りが優勢、トランプ米大統領のドル高牽制発言が尾を引く。
【為替】米ドル売りが優勢、トランプ米大統領のドル高牽制発言が尾を引く。

[概況] 20日東京時間の外国為替市場は、米ドル売りが優勢の展開となった。 米ドル円はジリジリと水準を切り下げ一時112.200円まで下押す一方で、ユーロ米ドルは一時1.1671米ドルまで上昇するなど、外国為替市場では米ドル売りが際立つ展開となった。 これらの値動きについて一部の市場関係者からは、昨日のNY時間にてトランプ米大統領が米ドル高や米長期金利の上昇に対して不快感を示したことから、米ドルから一気に資金が逃げ出し、なかでも米ドル円は113円台から112円前半水準まで急落する場面があった。 本日は、これらの流れを引き継いだものとみられる。この後の時間...

株ちゃんの明日読み――・・・・・・
来週も堅調展開か。

来週も堅調展開か。

本日の日経平均は売り優勢の展開だったが、値動きは上下に荒く、前場中盤に大きく値を崩したものの、後場後半になって急速に下げ渋った。 やや売り仕掛け的な動きから荒い値動きとなっている。 もっとも、米中貿易摩擦への警戒が強い中ではオーバーウィークのポジションは取りづらいほか、今週末21日から22日にはG20財務相・中央銀行総裁会議が開かれることもあり、ポジションをニュートラルにした格好であろう。 本格化する米決算を見極めたいとする模様眺めムードも強いだろう。     来週も堅調展開か。 3月決算銘柄の第1四半期決算が本格的にスタートする。 決算発表...

相場概況(大引け)
66円安、続落。上海株高で下げ渋る
東京株式(大引け)=66円安、続落。上海株高で下げ渋る

【大引け概況】 20日の日経平均株価は、前日比66円80銭安の2万2697円88銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:53 容量:7.43M 過去のマーケット動画はこちら   東証株価指数(TOPIX)は4.61ポイント安の1744.98と、ともに小幅続落した。   朝方は日経平均の上げ幅が、前日比100円を超えた。しかし、中国・人民元安が伝わると市場ムードが一変し、日経平均は223円安を記録する大幅安となった。 もっとも、売りを活発化させたのは「投機的な海外投資家」との見方が...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続落、中小型株には売りが優勢
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、中小型株には売りが優勢
 

日経ジャスダック平均株価は小幅続落した。終値は前日比3円93銭安い3804円74銭だった。米中貿易摩擦への懸念が根強く、流動性リスクが高い中小型株には売りが優勢となった。週末を前に、積極的に取引を手掛ける雰囲気に欠けた。   来週から主要企業の決算発表が相次ぐ。「投資家の注目が中小型株ではなく主力株に向かいがちになる」として、当面の間、新興企業株は軟調な値動きになりそうとの声も聞かれた。 ジャスダック市場のこの日の売買代金は概算で478億円、売買高は8247万株だった。 値上がり銘柄数は267、値下がり銘柄数は352となった。   個別では、アクシー...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は反発も主体性を欠いた展開
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反発も主体性を欠いた展開

東証マザーズ指数は小幅ながら反発した。終値は前日比3.27ポイント高い1048.09だった。東京市場全般が中国市場の動向を見ながらの不安定な動きであり、週末要因もあって新興市場も主体性を欠いた展開となった。 前日に外資系資産運用会社の株式大量保有が判明したメルカリや、台湾企業と医薬品開発でライセンス契約したナノキャリアなど「しっかりした買い手掛かりのある銘柄が人気を集めた」という。 値上がり銘柄数は125、値下がり銘柄数は127となった。   個別では、ナノキャリア、オンコリスバイオファーマ、日本リビング保証がストップ高。アイティメディアは一時ストップ高と値を飛...

相場概況(寄り付き後)
前場終値と比較して下げ幅を拡大
【市況】東京株式(後場寄り付き)=前場終値と比較して下げ幅を拡大

【後場寄り付き概況】 後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比150円86銭安の2万2613円82銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、8.21ポイント安の1741.38で始まった。 日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに軟調。中国人民元安を受けて不安感が広がっており、買いは手控えられている。前場終値と比較して下げ幅を拡大している。 外国為替市場では、1ドル=112円30銭近辺での推移。アジアの主要株式市場は総じて軟調。    個別では、ソフトバンクGが値を下げ、ファーストリテは小幅続落。電通の下げがきつく、エーザイは反落している。三...

相場概況(前引け)
米株安と円安一服に加え、人民元安でリスク回避ムード
東京株式(前引け)=米株安と円安一服に加え、人民元安でリスク回避ムード

20日午前の日経平均株価は続落した。午前の終値は前日比112円26銭安の2万2652円42銭だった。   日経平均株価は不安定な値動きだった。朝方は前日の米国株安や円高を受けて利益確定売りが先行した。いったん、円高の一服感や来週から本格化する4〜6月期決算発表での好業績を期待した押し目買いに、前日比100円超高まで切り返す場面があった。   しかし、午前10時半すぎに人民元の下落とともに中国・上海株が下押し、つれて米株価指数先物も軟化。市場の雰囲気が一変する形で、日経平均は先物主導で一段安となり、下げ幅を一時200円超に広げた。   PX日...

a