兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
【知って得する】マスクの裏表

だんだんと暖かくなって、コートがなくても外出できる季節がやってきました。 
外出時には、風邪やインフルエンザ予防だけでなく、花粉予防の為に、マスクは手放せませんね。 

例年、2月上旬から飛び始めるスギ花粉。花粉症の人にとっては、つらいシーズンの始まりです。 
花粉症の人は憂鬱な季節ですよね。 

花粉症の症状のせいで集中力が続かなくてイライラ…なんてこともあると思います。 
そう言う私は、花粉症です。 

今、花粉症でない人でも、将来、花粉症を発症する可能性は大いにあります。

花粉症対策としてマスクは大切なアイテムです。 

マスクには3種類の形があります。 
『ガーゼマスク』『プリーツ型マスク』『立体型マスク』の3種類です。 

口や鼻から呼吸をする際に体に花粉を入れないことが重要です。 
マスクをするとしないとでは大違い! 
マスクは花粉の侵入を防いでくれます。 
高性能のマスクであれば、なんと95パーセント以上もの花粉をカットすることができるともいわれています。 
しかし、マスクであればなんでもいいわけではありません。マスクの効果を発揮するためには、自分に適したマスクを正しく使用することが大切です。 

そのマスクですが、付ける時にいつも迷ってしまう事ありませんか? 
大半の人が正しい付け方を知らない!! 
私もよく知らないのでマスクの表裏、上下を間違えてつけていることが多いです。 

マスクの裏表、どっちがどっちなのでしょうか? 

プリーツ型をつける際には、プリーツ(ひだ部分)を広げたときにできるポケット部分が下を向くようにして着用しましょう。 
上向きにつけると、ウイルスや花粉をつけたままになります。つまり、自ら雑菌を吸い込みやすい状態にしているという危険な状態です! 

外側にゴム取り着けるのが表
耳にかけるゴムの取り着け面を確認することです。ほとんどのマスクは外側にゴムが取り着けられていますので、ゴムの取り着け面を見れば一目瞭然です。 
(※メーカーによっては必ずしもそうではないようです)

 
鼻周りの隙間を調整するためのワイヤー(針金)が付いている方が「上」です。上下を間違えるとマスクと顔の隙間が大きくなるので、マスクの効果が半減します。ワイヤー(針金)の付いている方が上と、覚えておきましょう。

立体型マスクも同様です。

皆さんも今付けているマスクですが、表裏を間違えていませんか? 

今、新型コロナウイルスによる肺炎、インフルエンザ、さらに花粉症。これらの対策にと、マスクを求める人が後を絶たない状況です。
日本国内でも、商品の値上がりや売り切れ、転売騒動など使い捨てマスクの不足に関するニュースが連日報じられています。

また、毎年、春先になると話題となり、花粉とともに関連銘柄が乱舞します。今年も様々な治療薬、健康食品、特にマスクが注目されるでしょう。 
今回は、注目が集まるマスク関連銘柄をピックアップします。 


■ダイワボウホールディングス(3107)
繊維、ITインフラ流通、産業機器を展開する多角化経営の企業。PM2.5・花粉・ウイルス対策向けの多機能マスク「アレルキャッチャーマスク」をのほか、アレル物質(ダニ・花粉など)を吸着する肌着・靴下なども手掛けている。


■興研<7963>
防毒マスク、防塵マスク、オープンクリーンシステム「KOACH」等の製造・販売を手掛ける。同社は医療用マスクも手掛けており、新型コロナウイルス対策でマスクの売れ行きが伸びるなか、同社の一般消費者向けの高性能マスク(ハイラックNeo)が注目された。

 
■マツモトキヨシホールディングス(3088)
都市型ドラッグストアの代表格。化粧品に強み。関東中心に全国展開。
オリジナル商品ブランド「matsukiyo」に注力。

 
■ユニ・チャーム(8113)
衛生用品大手。生理用品、紙おむつで首位。ペットケア用品も。アジアに強み。 『超快適マスク』シリーズが好調。香り付きマスクや超息らくフィルタなど、特徴的なマスクも。


■シキボウ<3109>
繊維中核の素材メーカー。主力の繊維事業のほか、産業材事業、不動産・サービス等も展開している。1月8日にはベトナム・ホーチミンに事務所を開設し、東南アジア地域での繊維事業の強化をはかっている。同社は感染症対策に活用できる抗ウイルス加工線維「フルテクト」を開発しており、これを応用したマスクも販売している。


■川本産業<3604>
医家用衛生材料最大手。マスク用の除菌スプレーなどを展開している。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。
 
 
今回の新型コロナウイルスが報じられた為に、マスク以外に空間除菌グッヅも売り切れ状態になったようです。
関連銘柄は、新型コロナウイルスインフルエンザや感染症の流行だけでなく、PM2.5、環境汚染などでも注目されるでしょう。 


皆さんも今付けているマスクですが、表裏を間違えないで正しくつけて予防してください。
 
関連コラム
花粉症に朗報!『花粉を水に変えるマスク』
花粉が今年もヤバイ!シーズンに突入


株ちゃんの明日読み
上値の重い展開か

上値の重い展開か

3日の日経平均が3日続伸。終値は前日比288円高の2万2613円で、2月21日以来、約3カ月半ぶりの高値で取引を終えた。 トランプ米大統領が米経済の支援策の検討を始めたと報じられ経済の一段の回復期待が高まった。米株高、円安・ドル高の進行も投資家心理を後押しし、東証1部の出来高を15億株台まで膨らませている。過熱感はあるものの好調な需給相場が続くことで、日経平均は2万3000円程度まで狙える状態といえそうだ。   明日4日の日経平均株価は上値の重い展開か。 売りポジションを抱える海外投資家の買い戻し期待など好需給が引き続きサポート要因として意識されるが、一方で相場の過熱...

相場概況(大引け)
3日続伸、288円高 経済本格再開へ期待
東京株式(大引け)=3日続伸、288円高 経済本格再開へ期待

【大引け概況】 3日の日経平均株価は3日続伸し、前日比288円15銭高の2万2613円76銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:03 容量:9.55M 過去のマーケット動画はこちら   朝方は、2日の欧米株高を受け、買いが先行した。円安・ドル高も支えとなり、前場の早い段階で一時2万2818円87銭(前日比493円26銭高)まで上伸した。 トランプ米大統領が新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた米経済の支援策の検討を始めたと報じられたことを手掛かりに、経済活動の本格再開に向けた期待感が高まった。外...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は14日ぶり反落、利益確定売り
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は14日ぶり反落、利益確定売り
 

日経ジャスダック平均株価は14日ぶりに反落した。終値は前日比9円48銭安い3438円09銭だった。日経ジャスダック平均は、朝方は上昇して始まったが前日まで13連騰して過熱感が高まっていため、利益確定売りが優勢となった。   市場からは「個人投資家の先高観が後退したわけではないが、さすがにここまで上昇が続くといったん利益を確定しようとの動きが出やすくなる」との見方があった ジャスダック市場の売買代金は概算で1029億円と1月30日以来4カ月ぶりの大きさだった。売買高は2億352万株。 値上がり銘柄数は266、値下がり銘柄数は360となった。   ...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は4日ぶり反落、利益確定売り
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は4日ぶり反落、利益確定売り

東証マザーズ指数は前日比11.68ポイント安の1003.31ポイントと4日ぶり反落。 東京市場全般が上値追いに進んだことで連動して高く始まったが、前日までの大幅続伸の反動もあって徐々に利益確定売りに押される展開となった。FRONTEOやサーバワク、弁護コムなどマザーズ銘柄の値下がりが目立った。  市場関係者からは「マザーズ指数も日経ジャスダック平均も下げたが、大勢での上昇トレンドは変わっていない」との見方が出ている。 値上がり銘柄数は77、値下がり銘柄数は239となった。   個別では、FRONTEO、メディネット、フェニックスバイオ、SKIYAKI、アディ...

相場概況(前引け)
256円高と続伸、欧米株高や円安進行を好感
東京株式(前引け)=256円高と続伸、欧米株高や円安進行を好感

3日午前の日経平均株価は続伸し、前日比256円13銭高の2万2581円74銭で前場を終えた。 2日の米株式市場では、経済回復への期待からNYダウが上昇した。また、外国為替市場で円相場が1ドル=108円70銭前後と前日夕方に比べ1円近い円安水準となった。これを受け、日経平均株価も輸出関連株への買いも入った。一時前日比500円近い上昇で2万2800円台に乗せる場面があった。ただ、買い一巡後は上昇幅が縮小した。   新型コロナウイルスの感染拡大の影響でダメージを受けた米経済を巡り、トランプ米大統領が週内にも追加の救済策の議論を始めると日本時間早朝に報じられ、経済再開への期...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は14日ぶり反落、利益確定の売り
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は14日ぶり反落、利益確定の売り

日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比12円69銭安い3434円88銭だった。朝方は上昇して始まったものの、徐々に新興市場の主力株を中心として利益確定の動きが優勢になった。米中関係の悪化や連騰に対する警戒感、相場の過熱感もあった。ワークマンやチエル、ストリームMが売られた。 ジャスダック市場の売買代金は概算で605億円、売買高は1億3091万株。 値上がり銘柄数は247、値下がり銘柄数は345となった。   個別では、五洋インテックス、フォーサイド、アイフリークモバイル、ストリームメディアコーポレーション、グローム・ホールディングスが売られた。 ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は4日ぶり反落、利益確定の売り
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は4日ぶり反落、利益確定の売り

東証マザーズ指数は前日比19.73ポイント安の995.26ポイントと4日ぶり反落。 目先的な達成感から利益確定の売りがでている。 また、東京都では2日、新型コロナウイルスの新規感染者が34人確認されたと発表し、警戒を強める「東京アラート」を初めて出した。経済活動の再開の動きにブレーキがかかってしまえば、これまでの期待感が後退しかねないだけに、上値圧迫要因になっている。 値上がり銘柄数は66、値下がり銘柄数は244となった。   個別では、メディネット、SKIYAKI、アディッシュ、アクトコール、FRONTEOが売られた。   一方、GMO ...

相場概況(寄り付き後)
買い優勢、経済正常化期待
【市況】東京株式(寄り付き)=買い優勢、経済正常化期待

【寄り付き概況】 3日の日経平均株価は、前日比323円40銭高の2万2649円01銭と大幅に3日続伸してスタート。 2日のNYダウは前日比267.63ドル高の2万5742.65ドルと続伸。経済回復への期待が高まるなか、景気敏感株を中心に買いが膨らんだ。米国株が上昇した流れを受け、東京株式市場も値を上げて始まった。   寄り付き時点で業種別では33業種中、全業種が高く、値上がり上位は海運、鉱業、ゴム、銀行、鉄鋼など。   東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=108円台の後半(2日終値は1ドル=107円78−79銭)、1ユーロ=121円台...

カタリストコメント
「高名の木登りの心中?」
「高名の木登りの心中?」

  「高名の木登りの心中?」   火曜のNY株式市場で主要3指数は揃って反発。 拡大している抗議デモや新型コロナウイルス流行は見えないフリ。 「ロックダウン(都市封鎖)緩和による景気回復期待先行での買い優勢」との解釈だ。 「抗議デモが地元経済に及ぼす影響の可能性はさほど注視されていない。 ただデモが続けば、新型コロナウイルス流行によるビジネスへの打撃が増幅される恐れがある」。 適当な講釈も聞こえてくる。 「テクニカル要因が相場を押し上げた」という難解な見方もある。 サウスウエスト航空が2.6%高。 送金サービスのウエスタンユニオン...

a