兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
【知って得】日経マーケット面で流れを読むには

日経新聞は仕事に欠かせない存在である人も多いでしょう。 
株取引にも大変役立つので、是非参考にしましょう。 

前日のニュースが載っているのが新聞の朝刊。 
株価が上昇した時には強気の記事が増え、下落した時には弱気のコメントばかりというマーケット完全連動型であることは困ったところですが、重要なのは、記事やコメントではなくデータです。 
無味乾燥なデータの羅列の中に真実があるのです。 

例えば、誰もが強気になっていた2018年1月、日経平均2万4000円の日。 
東証1部の時価総額は700兆円を超えていました。 
これは名目GDP480兆円の約1.45倍。 
世界的な法則では「名目GDPの1.5倍を越えて株価は上昇しない」ですから、当然警戒すべきだったのです。 
解説はありませんでしたが、数字がそれを物語っていました。
 

こうした数字の囁きを自分で感じることができれば、日経新聞はそれこそ「情報の宝庫」なのです。 

相場で重要なことの1つは定点観測です。 
面倒くさいことですが、このことなくして相場観はなかなか育成されません。 
日々数字を見ることで肌が感じてきます。「アレ?」という違和感こそが重要なのです。 
株式投資で重要なのは「ケア」あるいは「注意」。
それぞれの指標や動きを気に掛けること。 
株価材料は、平等に目の前を通り過ぎています。
気付くか気付かないかの差は大きいです。 

最後に、証券マンなり立てのころに、先輩に「見ておけ」と言われた数値を並べておきます。 
まずはこれらを追ってみてください。 

・新高値銘柄数(100を超えると期待):新安値銘柄数(100を超えると警戒) 
・騰落レシオ(70%を割れたら買いゾーン、150%を超えたら警戒ゾーン) 
・日経平均Y(20を超えてくると警戒) 
・日経平均採用銘柄PER(アベノミクス以降は13倍〜16倍のレンジ) 
・空売り比率(40を超えると相場低迷、割れると上昇基調) 
・信用評価損率(木曜日:通常はマイナス10%程度、プラスになると相場反転) 
・裁定残(毎週木曜:買い残の限界は6兆円、売り残は3000億円を割れると相場反転
) 


【株式名言】 
上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り
 
>

明日のラッキーフード
ラッキーフードを食べて株運UP(12/5)

早見表
一白水星 1936 1945 1954 1963 1972
二黒土星 1935 1944 1953 1962 1971
三碧木星 1934 1943 1952 1961 1970
四緑木星 1933 1942 1951 1960 1969
五黄土星 1932 1941 1950 1959 1968
六白金星 1931 1940 1949 1958 1967
七赤金星 1930 1939 1948 1957 1966
八白土星 1929 1938 1947 1956 1965
九紫火星 1928 1937 1946 1955 1964
 
一白水星 1981 1990 1999 2008 2017
二黒土星 1980 1989 1998 2007 2016
三碧木星 1979 1988 1997 2006 2015
四緑木星 1978 1987 1996 2005 2014
五黄土星 1977 1986 1995 2004 2013
六白金星 1976 1985 1994 2003 2012
七赤金星 1975 1984 1993 2002 2011
八白土星 1974 1983 1992 2001 2010
九紫火星 1973 1982 1991 2000 2009

12/5は下記のラッキーフードを食べ 株運つけて相場に勝つ!!   一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星 シーフードフライ シチュー うどん・素麺 味噌汁・御飯 回鍋肉 マーボー豆腐 回鍋肉 オイスター(牡蛎) イクラ丼 ...

注目トピックス
新興市場の見通し
新興市場の見通し

今週の新興市場では、マザーズ指数が下げ足を速め、12月2日には終値ベースで8月17日以来の安値を付けた。 新型コロナウイルス変異型「オミクロン型」の感染拡大や米金融引き締めなどへの懸念から日経平均が一時2万8000円を割り込むなか、新興市場でもリスク回避目的の売りが広がった。特にマザーズは直近賑わっていた銘柄を中心に週間で2割以上の下落となった銘柄が少なくなく、損失覚悟の売りを強いられるケースが多かったとみられる。   マザーズなど新興市場から資金が抜けている。投資家のリスク回避の動きから、マザーズ市場などでは株価下落に伴う追い証(追加証拠金)発生に伴う機械的な売り...

NY株/欧州株概況
ダウ反落59ドル安 コロナ拡大懸念
【市況】ダウ反落59ドル安 コロナ拡大懸念

  3日のNYダウ工業株30種平均は反落し、前日比59ドル71セント(0.2%)安の3万4580ドル08セントで終えた。 米国を含む世界各地で新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染者が相次いで確認され、感染拡大への懸念が投資家心理を冷やした。投資家のリスク回避姿勢が強まり、年初からの上昇率が大きい高PER(株価収益率)のハイテク株中心に売りが優勢だった。   オミクロン型はアフリカ南部で11月に初めて確認されて以降、米欧や中東、日本を含むアジアなど世界各地に拡散。これまで変異型の主流だったデルタ型より感染力が強いとの見方もある。投資家の間で神...

毎日コラム
【重要】株価急落時の心構え

株価が上昇していた時に利食い、下がりはじめでロスカットしていたので急落があっても大丈夫だった。 
これが理想です。 

しかし、予期せぬ急落にあった時にはどうするか。 
最近の市場の傾向として、下げる時は急激に下げます。 
しかも、世界規模で下がることもあります。 
機械取引の功罪ともいわれていますが、売りに売りが浴びせられます。 
ニュースでは、「アメリカの通商政策」とか「中国マーケットの急落」とか、はては中東問題までもが理由として語られますが、真相は誰にもわかりません。 
時折遭遇する課題です。 

一番重要なのは、リーマンショックの時も東日本大震災の時も、そしてブレグジット急落やトランプ選挙急落の時も一緒でした。 
踊らない、騒がない、あわてない」。 
そして「諦めない」でした。
 

人生と同じで、株式市場もどこかで辻褄を合わせているのが歴史です。 
上げの次に下げが来て、そしてまた上がるのが株。 
加えて「下げなきゃ株は上がれない」のです。 

ですから急落はチャンス。 
TVで株価暴落は伝えますが、株の高騰はほとんど絵になることがありません。 
上がるときはひっそりと元の水準に戻っているのです。 
ニュースで報じるような急落があったら、それこそ次の機会へのチャンスと考えましょう。 

ただ、証券口座にある全資産を株にしておくと、急落には対応できません。 
いつでも現金ポジションは持っておきましょう。 

どんな急落でも、いずれは上昇に変えるパワーが株にはあります。 
そしてその急落の原因を解決する叡智が人間にはあるはずです。 
だから「株は永遠に下がり続けないし、上がり続けない」のです。 


【株式名言】 
暴落相場の赤札銘柄は買い 
 


株ちゃんの明日読み
神経質な展開か

神経質な展開か

  今週は、軟調となった。 アフリカでのコロナ変異型が「オミクロン型」と命名され、これに対する警戒から急速にリスクオフの様相が強まった。前週末にダウ平均が900ドルを超える下落となったことから、日経平均は11月29日、30日と連日で400円を超える下落。節目の2万8000円を割り込んだ。一方、12月に入ると、直近の急落に対して押し目を拾う動きも出てきた。1日は前日の米国株が大幅安となったにもかかわらず3桁の上昇。3日には幅広い銘柄が上昇して2万8000円台を回復した。週間では大幅安となったが、後半の上昇で底打ちへの期待も高まった。日経平均は週間では722円の下落となり、週足で...

相場概況(大引け)
276円高と反発、2万8000円回復 自律反発
東京株式(大引け)=276円高と反発、2万8000円回復 自律反発

【大引け概況】 3日の日経平均株価は反発し、前日比276円20銭高の2万8029円57銭と、この日の高値で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:59 容量:13.37M 過去のマーケット動画はこちら   最近の急ピッチの相場下落を受けて自律反発を見込んだ買いが優勢となり、景気敏感株をはじめ幅広い銘柄に買いが入った。   前日の米株式市場では、NYダウが617ドル高と急反発。これを受けた、東京株式市場で日経平均株価は、寄り付きでは値を上げてスタートしたが、上値では売りに押され前場は一時1...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は8日ぶり反発、個人の投資家心理が改善
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は8日ぶり反発、個人の投資家心理が改善
 

日経ジャスダック平均株価は8営業日ぶりに反発した。終値は前日比33円74銭(0.88%)高い3869円28銭だった。 東証1部の主力銘柄が堅調に推移し、個人の投資家心理が改善。新興企業株にも買いが向かった。前日まで続落基調だった反動もあり、自律反発を見込んだ買いが入りやすかった。 シンバイオやウエストHDが買われた。一方、最近まで上昇していた田中化研には利益確定売りが出て制限値幅の下限(ストップ安)まで下げた。東映アニメは3カ月ぶり安値を付けた。 ジャスダック市場の売買代金は概算で546億円、売買高は6311万株だった。 値上がり銘柄数は427、値下がり銘柄数は182とな...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は8日ぶり反発、自律反発狙いの買い
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は8日ぶり反発、自律反発狙いの買い

東証マザーズ指数も8営業日ぶりに反発。終値は前日比20.04ポイント(1.95%)高い1048.78だった。自律反発狙いの買いが広がり、堅調な展開となった。 連日の下落により値頃感が出ていた銘柄も多く、マザーズ銘柄中心に買いが優勢となった。 直近に上場したGRCSやサイエンスAの上昇が目立った。人工知能(AI)を用いた創薬支援事業を始めると発表したフロンテオは、朝方買いが優勢だったが、その後に急落した。 ただ、マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに依然、10月の安値を下回っており、「信用評価損を抱え、押し目買い意欲が強まらない個人投資家は少なくない」とされる。朝方大きく上昇...

明日のラッキーフード
ラッキーフード食べて株運UP(12/4)
早見表
一白水星 1936 1945 1954 1963 1972
二黒土星 1935 1944 1953 1962 1971
三碧木星 1934 1943 1952 1961 1970
四緑木星 1933 1942 1951 1960 1969
五黄土星 1932 1941 1950 1959 1968
六白金星 1931 1940 1949 1958 1967
七赤金星 1930 1939 1948 1957 1966
八白土星 1929 1938 1947 1956 1965
九紫火星 1928 1937 1946 1955 1964
 
一白水星 1981 1990 1999 2008 2017
二黒土星 1980 1989 1998 2007 2016
三碧木星 1979 1988 1997 2006 2015
四緑木星 1978 1987 1996 2005 2014
五黄土星 1977 1986 1995 2004 2013
六白金星 1976 1985 1994 2003 2012
七赤金星 1975 1984 1993 2002 2011
八白土星 1974 1983 1992 2001 2010
九紫火星 1973 1982 1991 2000 2009

12/4は、下記のラッキーフードを食べて相場に勝つ!!   一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星 焼きそば かけそば 肉料理 のり巻き 魚の照り焼き 日本料理 串かつ 和風定食 ファーストフード ラッキーラン...

相場概況(前引け)
61円安と小幅続落、半導体銘柄に売り
東京株式(前引け)=61円安と小幅続落、半導体銘柄に売り

3日午前の日経平均株価は続落し、前日比61円03銭安の2万7692円34銭だった。 前日の米株式市場では、NYダウが617ドル高と3日ぶりに大幅反発した。これを受け、東京市場で日経平均株価は、寄り付きでは値を上げてスタートしたが、上値では売りに押され買い一巡後はマイナス圏に沈み一時、160円を超す下落となった。 ただ、下値では押し目買いも入り再びプラス圏に浮上する場面があった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」を巡る報道が注目されているほか、今晩は米11月雇用統計が発表されることもあり、積極的な売買は控える動きも出ている。   指数寄与度の大きい銘柄に悪...

a