兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
相場概況(寄り付き後)
続落スタート、新型肺炎への警戒感
【市況】東京株式(寄り付き)=続落スタート、新型肺炎への警戒感

【寄り付き概況】 17日の日経平均株価は続落して始まった。始値は前週末比197円81銭安の2万3489円78銭。その後、下げ幅は200円を超えた。   新型コロナウイルスによる感染拡大の影響を警戒する動きが強く、前週末の米国株市場でNYダウが軟調な動きを継続したこともあって、買い手控えムードが強い。19年4〜12月期決算もほぼ出そろった形だが、総括して厳しい内容だったこともあり、目先積極的な買いが見込みにくい環境にある。 寄り付き前に内閣府が発表した2019年10〜12月期の実質国内総生産(GDP)速報値が急減したのも投資家心理を冷やした。内閣府が朝方取引開始前...

カタリストコメント
「ウィップソー」
「ウィップソー」

  「ウィップソー」     週末のNY株式市場でNYダウは小幅安。 S&P500とNASDAQは上昇とマチマチの展開。 軟調だったが引け際にトランプ政権が収入20万ドル以下の国民を対象に米株に最大1万ドル投資するための税制控除を検討しているとCNBCが報道。 これを好感した。 1月の小売統計で自動車とガソリン、建材、食品サービスを除いたコア売上高は前月比横ばい。 個人消費の一段の鈍化が警戒された。 1月の鉱工業生産指数は0.3%低下。 一方、ミシガン大学発表の2月の消費者信頼感指数(速報値)は100.9と昨年5月以来の...

為替市況コメント
【今週の展望】下落続くユーロの動向に注目か
【為替】【今週の展望】下落続くユーロの動向に注目か

[概況]   今週の外国為替市場は、ユーロの動向に注目が集まりそうだ。ユーロは、ウィルス感染拡大に起因する中国景気減速による欧州の対中貿易へのネガティブインパクトや、独与党党首の解任騒動に伴うドイツ政局不安等、ユーロ売り材料が続き下値模索の展開が続いているが、そのようななかユーロ/米ドルは先週、昨年10月の安値を割り込んで1.0828まで安値を更新、2017年5月以来の水準へと下落した。IMMにおける投機筋ユーロネットポジションは2月11日時点で91,488枚の売り越しと、ここ半年ほどの平均的な水準(65,000枚程)から売り越しの規模が拡大しており、市場のユーロ売りに...

相場展望(寄り付き前)
軟調な展開か。
【オープニングコメント】
軟調な展開か。

17日の日経平均株価は軟調な展開となりそうだ。 日経平均株価の予想レンジ:2万3500円−2万3800円。 前週末のNYダウ工業株30種平均は小幅に続落し、前の日に比べ25ドル安の2万9398ドルで終えた。17日の米市場はプレジデントデーの祝日で、3連休を前に利益確定売りが出た。米株式相場が下落し、株価指数先物を中心に海外ヘッジファンドの売りが先行するだろう。   日本国内でも新型肺炎患者数の増加が続き、政府の専門家会議は16日、「国内発生の早期にある」との見方を示している。患者数の拡大による経済全般への影響が警戒されるなか、手控えムードが広がりそうだ。 前...

スケジュール
週間スケジュール02月17日の週
2020年02月
17日(月)
●国内
10-12月期GDP速報値(8:50)
1月首都圏マンション発売(13:00)
《決算発表》
ブリヂストン、洋インキHD、清和中央、フィスコ
■海外
休場:米(ワシントン誕生記念日)

18日(火)
●国内
5年国債入札
《決算発表》
トレンド、佐渡汽
■海外
独2月ZEW景況感指数(19:00)
米2月ニューヨーク連銀景気指数(22:30)
米2月NAHB住宅市場指数(2/19 0:00)
米12月対米証券投資(2/19 6:00)
《米決算発表》
ウォルマート、デボン・エナジー

19日(水)
●国内
12月機械受注(8:50)
1月貿易収支(8:50)
1月訪日外客数
《決算発表》
RED、AOITYO HD、JHD
■海外
米1月生産者物価指数(22:30)
米1月住宅着工件数(22:30)
FOMC議事録(1/28〜1/29開催分)

20日(木)
●国内
20年国債入札
■海外
米2月フィラデルフィア連銀景気指数(22:30)
米1月景気先行指数(2/21 0:00)

21日(金)
●国内
1月全国消費者物価指数(8:30)
■海外
米1月中古住宅販売(2/22 0:00)

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

コラム
英明コラム 2月第3週 マーケットストラテジーメモ
「英明コラム 2月第3週 マーケットストラテジーメモ」

《マーケットストラテジーメモ一覧へ》 《マーケットストラテジーメモ》2月3週 【推移】   10日(月): 週末のNY株式市場は主要3指数はそろって5日ぶりの反落。「堅調だった雇用統計を消化。一方で新型コロナウイルスの感染拡大を巡る今後の展開が意識された」という珍妙な解釈だ。結局は「高値圏での利食い売り優勢」ということだろう。「新型コロナウイルス登場以来、週末に何が起こるか分からない。NYは毎週金曜日下落する傾向」という見方もある。これが東京の月曜安につながってきた格好だ。   日経平均株価...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]   ■三菱モルガン 早期退職募集 45〜59歳 収益力回復狙い   ■統合地銀の不当な金利上げ禁止 利用者保護へ法に明記   ■株取得で事業再生支援 三井住友銀 5年で1000億円   ■積水ハウス<1928> 和田前会長 復権求め株主提案   ■ブラザー<6448> 組織横断でビッグデータ まずプリンター事業   ■QBN<6571> 国内外3割増の900店へ 休眠人材も活用   ■カシオ<695...

毎日コラム
【知って得】日経マーケット面で流れを読むには

日経新聞は仕事に欠かせない存在である人も多いでしょう。 
株取引にも大変役立つので、是非参考にしましょう。 

前日のニュースが載っているのが新聞の朝刊。 
株価が上昇した時には強気の記事が増え、下落した時には弱気のコメントばかりというマーケット完全連動型であることは困ったところですが、重要なのは、記事やコメントではなくデータです。 
無味乾燥なデータの羅列の中に真実があるのです。 

例えば、誰もが強気になっていた2018年1月、日経平均2万4000円の日。 
東証1部の時価総額は700兆円を超えていました。 
これは名目GDP480兆円の約1.45倍。 
世界的な法則では「名目GDPの1.5倍を越えて株価は上昇しない」ですから、当然警戒すべきだったのです。 
解説はありませんでしたが、数字がそれを物語っていました。
 

こうした数字の囁きを自分で感じることができれば、日経新聞はそれこそ「情報の宝庫」なのです。 

相場で重要なことの1つは定点観測です。 
面倒くさいことですが、このことなくして相場観はなかなか育成されません。 
日々数字を見ることで肌が感じてきます。「アレ?」という違和感こそが重要なのです。 
株式投資で重要なのは「ケア」あるいは「注意」。
それぞれの指標や動きを気に掛けること。 
株価材料は、平等に目の前を通り過ぎています。
気付くか気付かないかの差は大きいです。 

最後に、証券マンなり立てのころに、先輩に「見ておけ」と言われた数値を並べておきます。 
まずはこれらを追ってみてください。 

・新高値銘柄数(100を超えると期待):新安値銘柄数(100を超えると警戒) 
・騰落レシオ(70%を割れたら買いゾーン、150%を超えたら警戒ゾーン) 
・日経平均Y(20を超えてくると警戒) 
・日経平均採用銘柄PER(アベノミクス以降は13倍〜16倍のレンジ) 
・空売り比率(40を超えると相場低迷、割れると上昇基調) 
・信用評価損率(木曜日:通常はマイナス10%程度、プラスになると相場反転) 
・裁定残(毎週木曜:買い残の限界は6兆円、売り残は3000億円を割れると相場反転
) 


【株式名言】 
上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り
 


毎日コラム
早起きしたら「お目覚めチェック」

朝早く目覚めてしまう日もありますよね。 
どんなに早く目が覚めても、相場は9時まで開かないのですから、その間を利用して自分なりの「お目覚めチェック表」のようなものを作り、朝のルーティーンに組み込んでみると良いでしょう。 
重要なのは、ただチェックするのではなく、数字を体で感じて、その先を読むこと。 
間違いなくパフォーマンスの肥料になります。 

まずは、保有株の「今」をチャートで眺めましょう。 
上がったのか、下がったのか。 
始値よりも終値が高い日足陽線なのか、逆に日足陰線なのか。 
メモを取っていた購入時の銘柄情報と照らし合わせて、そろそろ利食うか、ロスカットの判断をする時なのか。 
買った時に自分が建てたシナリオを再確認して、判断します。
 

それから、保有してはいないけれど目を付けているmy株のパトロールです。 
やはりチャート。
毎日見ていたら、ちょっとした動きが気になるはずです。 
出来高が増えているようなら、人気が集まって動き始めるかもしれません。 
移動平均線からはどれくらいかい離したのかも見ておきましょう。 
一目均衡の雲や、ボリンジャーバンドなどから明日の上値下値予想などもそのうちできるようになります。 
そしてニュースがあったかなかったか。 
パソコンで企業名を検索すれば、ある程度の報道はわかります。 
証券会社のサイトなどでも確認できます。 
それより企業ホームページを眺めることもアリでしょう。 

毎日株価に触れることで、小さなうねりやささやきを感じて、大きな変化につなげる日がきっと来ると思います。 


【株式名言】 
漁師は潮をみる
 


注目トピックス
マザーズ市場展望
マザーズ市場展望

新興市場が堅調な動きを続けている。新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する相場の懸念はピークを越えており、決算発表シーズンも終了。相対的な出遅れ感があり、外部環境の影響を受けにくい内需系企業が多いこともあって来週も買い優勢の展開が期待できそうだ。 マザーズ指数は東京市場全般に逆行する動きも見せながら力強い値動きとなっており、1月末にあけた855〜870ポイント近辺のマドを埋める展開に進みつつある。 ただ、下降基調にある25日移動平均線が860ポイント近辺にある。これを一気に上抜くようだと、戻りが加速する可能性もある。   主力級銘柄ではメルカリの反騰があったものの、下方...

a