兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
米ドル円は一時109円台で推移するも伸び悩む
【為替】米ドル円は一時109円台で推移するも伸び悩む
[概況]

 
29日、欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は一時109.230円まで上昇するも、その後は108円台後半付近で上値が重い推移となった。バイデン米大統領の施政方針演説でインフラ投資計画や「米国家族計画」と題した1兆8000億ドル規模のプログラムについて必要性などを訴えた。米政権の大型財政出動に伴う国債増発などが意識され、米国債売りが優勢となり、米長期金利が一時1.69%付近まで上昇した。
 
日米長期金利差の拡大や第1四半期米 GDP 【速報】(予想:6.1% 結果:6.4%)などが市場の予想を上回ったことなどで米ドルが買われた。一方、3月米中古住宅販売仮契約指数 (予想:前月比5.0% 結果:前月比1.9%)は市場の予想を下回る結果となり、米ドル円の上値は抑えられた。
 
テクニカル的には米ドル円は下方に位置する5日移動平均線(108.450円)付近で反発していることから、同線付近が引き続きサポートとして意識される可能性も考えられそうか。


[提供:AIゴールド証券株式会社]
a