兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は3日続伸、時価総額上位銘柄が指数けん引
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は3日続伸、時価総額上位銘柄が指数けん引

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比6.14ポイント高い1166.17だった。
大型ハイテク株を手掛けにくい雰囲気が広がっている一方、「中小型株に資金が入ってきている」との声があった。時価総額上位のマネフォやBASEに買いが入り、指数を支えた。そーせいやサンバイオなどが買われた。一方、メルカリやウェルスナビなどが下落した。
値上がり銘柄数は224、値下がり銘柄数は113となった。
 
個別では、ケアネット、ジェイグループホールディングス、LeTech、Delta−Fly Pharma、サイジニアなど9銘柄が年初来高値を更新。オンデック、グッドスピード、キャリア、AppBank、BASEはが買われた。
 
一方、ホープ、自律制御システム研究所が年初来安値を更新。アジャイルメディア・ネットワーク、I−ne、アクシージア、Macbee Planet、モダリスが売られた。
a