兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
【知って得】日経マーケット面で流れを読むには

日経新聞は仕事に欠かせない存在である人も多いでしょう。 
株取引にも大変役立つので、是非参考にしましょう。 

前日のニュースが載っているのが新聞の朝刊。 
株価が上昇した時には強気の記事が増え、下落した時には弱気のコメントばかりというマーケット完全連動型であることは困ったところですが、重要なのは、記事やコメントではなくデータです。 
無味乾燥なデータの羅列の中に真実があるのです。 

例えば、誰もが強気になっていた2018年1月、日経平均2万4000円の日。 
東証1部の時価総額は700兆円を超えていました。 
これは名目GDP480兆円の約1.45倍。 
世界的な法則では「名目GDPの1.5倍を越えて株価は上昇しない」ですから、当然警戒すべきだったのです。 
解説はありませんでしたが、数字がそれを物語っていました。
 

こうした数字の囁きを自分で感じることができれば、日経新聞はそれこそ「情報の宝庫」なのです。 

相場で重要なことの1つは定点観測です。 
面倒くさいことですが、このことなくして相場観はなかなか育成されません。 
日々数字を見ることで肌が感じてきます。「アレ?」という違和感こそが重要なのです。 
株式投資で重要なのは「ケア」あるいは「注意」。
それぞれの指標や動きを気に掛けること。 
株価材料は、平等に目の前を通り過ぎています。
気付くか気付かないかの差は大きいです。 

最後に、証券マンなり立てのころに、先輩に「見ておけ」と言われた数値を並べておきます。 
まずはこれらを追ってみてください。 

・新高値銘柄数(100を超えると期待):新安値銘柄数(100を超えると警戒) 
・騰落レシオ(70%を割れたら買いゾーン、150%を超えたら警戒ゾーン) 
・日経平均Y(20を超えてくると警戒) 
・日経平均採用銘柄PER(アベノミクス以降は13倍〜16倍のレンジ) 
・空売り比率(40を超えると相場低迷、割れると上昇基調) 
・信用評価損率(木曜日:通常はマイナス10%程度、プラスになると相場反転) 
・裁定残(毎週木曜:買い残の限界は6兆円、売り残は3000億円を割れると相場反転
) 


【株式名言】 
上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り
 


毎日コラム
株の保有は覚えられる数で

株式セミナーの終了後に、参加された同世代若しくは先輩の方々が時折、相談に来られる。
相談は大体2種類に分かれる。
1つは、「相続で株を引き継いだけれど、どうしたらよいですか?」
拝見すると、数十銘柄あるのに、株式投資の残骸みたいな銘柄ばかり。
「株式投資したけれど、結局踊っていた」みたいな印象を子供に残していた。

もう一つは、「これだけの持ち株がありますが、どうしたら良いか」。
「数銘柄残してあとは売却したらどうだろうか」と答えると大抵の方は残念そうな顔をする。
ここまでの投資の思い出が凝縮されているからだろうか。
でも思い出と悔しさの中にいても何も前進できない。
 

アレもコレモと手を出したくなるのはわかるが、それが長い目で見ると失敗する原因にもなる。
失敗を活かせないからだ。

だが、投資対象は3600をある。
自分の良く知っている銘柄を5、10、20と増やしていって20銘柄から30銘柄だけを投資対象にするならどうだろう。
「知らない企業の株は扱わない」と割り切ると、楽になると思う。
「この株は以前こういう値動きをしていた」。
また、「この株はこういう材料で株価があがってきた」。
そういう記憶を1つずつ増やすことで、アッという間にその株の通になれる。

目をつけておいたMY30銘柄の中から選んだ5銘柄程度を売買していれば、常に熟知した銘柄をも持つことができる。
関連情報に敏感でいられ、タイミングを見通しやすく、「気付かない間に下がっていた」などのリスクとも無縁だろう。

多くの銘柄の株を持って「どれが下がって、どれが上がっている」という図式の投資法もなくはないが、銘柄数を増やすより、1銘柄あたりの株数を増やすほうが良いだろう。
コレと決めた銘柄のファンになり、下がったらその銘柄を増やしていくほうが、回り道のようでも結局は利益に繋がると思う。

【株式名言】
「二度に買うべし、二度に売るべし」


コラム
英明コラム 5月第2週 マーケットストラテジーメモ
「英明コラム 5月第2週 マーケットストラテジーメモ」

《マーケットストラテジーメモ一覧へ》 《マーケットストラテジーメモ》  5月第2週   【推移】   10 日(月): 週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。NYダウとS&P500は終値ベースの過去最高値を更新。雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比26万6000人増。市場予想の97万8000人増を大幅に下回って期待外れでの着地。肩透かしとなったことでインフレ高進や利上げの可能性を巡る懸念が後退した。「雇用統計悪化→金利上昇懸念後退→株高」の構図。打って返しのよ...

注目トピックス
新興市場見通し
新興市場見通し

マザーズ指数は13日まで8日連続落を記録。世界的な株安の流れにのみ込まれ、リスク回避の動きが強まった。 14日には自律反発の動きが出たものの、下値不安を残したまま来週を迎えることになる。追い証回避のための投げ売りはまだ出そうで、チャートパターンの悪化も懸念材料だが、東証1部市場などに先行して下落し始めていたため、売り需要の消化は進んでいる。決算発表ラッシュも終わり、不安材料は後退が進んだことで、戻り期待も強まりそうだ。   マザーズ指数は8日続落で、年初来安値を更新。昨年後半から推移してきたレンジ相場からも下放れ。週足チャートもデッドクロスしている。マザーズ市場は個...

NY株/欧州株概況
NYダウ続伸360ドル高 金利低下受け
【市況】NYダウ続伸360ドル高 金利低下受け

  14日のNYダウ工業株30種平均は続伸し、前日比360ドル68セント(1.1%)高の3万4382ドル13セントで終えた。 米長期金利が低下し、投資家心理が改善。前日に引き続き高PER(株価収益率)銘柄が多いハイテク株に押し目買いが優勢となった。経済活動の正常化期待の高まりから、景気敏感株の上昇も目立った。   ダウは週明け10日の取引時間中には史上初の3万5000ドル台に乗せたが、米消費者物価指数(CPI)の発表などでインフレ懸念が強まり、ダウの終値ベースの下げは11、12日両日で計1100ドルを突破。売られ過ぎとの見方から前日に続いて安値拾いの動きが広...

毎日コラム
手持ち資金で複数買える 「お手ごろ株」

「100万円入金しろって言ったけど、本当はもっと資金が必要では?」
なんて思っていませんか。
確かに昔は最低でも数十万円必要でしたが、最近は売買単位が100株単位になって、少ない資金からの投資ができるようになりました。

たとえば、アパレルのレナウンやオーディオのパイオニアなど、名前が知られた会社も100株、1万円程度で買えます。。
みずほFGが2万円しない。レストランのひらまつが4万円以下で買えます。

5万円を超えて買えると、東証一部上場の有名な銘柄がたくさんあります。
最低でも500万円近いユニクロのファーストリテイリングや300万円近い任天堂などは高嶺の花ですが、100万円で十分自由な株式投資ができるのです。

気を付けなければいけないのは「安いには安いなりの理由があり、高いものには高いなりの理由がある」ということ。
言い換えれば「どこかに傷があるから、買う人が少なくて株価が安い。どこかに魅力があるから買う人があるいは買わなければならない人たち(機関投資家など)が多くて株価が高い」のです。

1万円以下で買える株は、得てして「赤字・減益・上場継続の疑義」などがあるものが多く、初心者にオススメしません。
完全に投資理論を外れたギャンブルの世界です。

60代初心者へのオススメは、買うと10〜20万円台、つまり株価が1000〜2000円の中小型株です。
これらを複数単位ずつ、5銘柄以下に絞って持って様子を見るイメージではじめましよう。
 

100万円の軍資金の中で、どれをどれだけ組み合わせるかが、あなたの腕の見せどころです。

ちなみに建設機械の油圧フィルタのヤマシンフィルターは2016年8月から1年半で15倍になりました。
そんな夢が描ける株式市場。

2倍になった株をダブルバガー、3倍になった株をトリプルバガー、10倍になった株をテンバガーと呼びますが、中小型株では結構あるものです。

【株式名言】
割安に買いなし。割高に売りなし


株ちゃんの明日読み
不安定な展開か。

不安定な展開か。

  今週は、大幅安となった。日経平均は週初こそ上昇したものの、11日から13日までの3営業日で2000円を超える下落。米国では金利上昇への警戒が強まる中、大型グロース株が大幅安となり、景気敏感株を中心にバリュー株にも売りが波及した。これを受けて東京市場でも、グロース株の投げ売りとバリュー株の利益確定売りで、全面安の様相が強まった。ソフトバンクGが国内企業で過去最高の純利益を計上したにもかかわらず、決算発表後に株価が急落したことも、リスクオフの流れを強めた。   日経平均は2万9000円、2万8000円といった節目の水準を次々に下に抜け、27300円台まで下落。1...

相場概況(大引け)
4日ぶり反発 自律反発狙いの買い
東京株式(大引け)=4日ぶり反発 自律反発狙いの買い

【大引け概況】 14日の日経平均株価は4日ぶりに反発し、前日比636円46銭高の2万8084円47銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:13 容量:10.85M 過去のマーケット動画はこちら   前日までの3日間で約2000円を超える急落を演じたことから急ピッチの下落に対する反動や前日の米国株上昇が投資家心理を改善させ、主力株や値がさ株中心に買い戻しの動きが活発化した。ミニSQに絡んだ売買は買い越しだったほか、SQ値を上回っての推移が続いたこともセンチメントを明るくさせている。幅広い銘柄に買いが入り...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は4日ぶり反発、上値は重い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は4日ぶり反発、上値は重い
 

日経ジャスダック平均株価は4日ぶりに反発した。終値は前日比26円21銭高い3831円20銭だった。日経平均株価は636円高と急伸したが、新興市場では上値は重かった。「直近の株価下落で含み損を抱えた短期投資家が多く、押し目買いに慎重な雰囲気が強かった」という。米長期金利上昇に対する根強い警戒感も値戻しの勢いを鈍らせた。マクドナルドやシンバイオが上昇し、メイコーが下落した。 ジャスダック市場の売買代金は概算で648億円、売買高は7467万株だった。値上がり銘柄数は431、値下がり銘柄数は185となった。   個別では、リバーエレテック、田中精密工業が一時ストップ高と値を...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は9日ぶり反発、買い優勢の展開
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は9日ぶり反発、買い優勢の展開

東証マザーズ指数は前日比19.16ポイント高の1084.54ポイントと9日ぶり反発。 決算発表がピークに差し掛かり、個別株の値動きが大きく出た。ただ、前日の米国市場では4月の卸売物価指数(PPI)の伸びが想定内と受け止められ、長期金利の上昇一服とともにナスダック総合指数が反発。東京市場全般の反発に連動し、新興市場もようやく買い先行、マザーズ市場でも全体としては買い優勢の展開となった。 スマートフォン事業に参入すると13日に発表したバルミューダは買い気配が続き、制限値幅の上限(ストップ高水準)で配分された。AIinsが上昇した。一方、弁護士COMが下落した 売買代金は概算で13...

相場概況(前引け)
4日ぶりに急反発、米金利の上昇一服など
東京株式(前引け)=4日ぶりに急反発、米金利の上昇一服など

4日午前の日経平均株価は大幅反発し、前日比492円89銭高の2万7940円90銭で終えた。 前日のNYダウが大幅高となるなか市場には安心感が広がり、幅広い銘柄に買いが入った。前日まで3営業日の下落幅は2000円を超えていた。 市場では「前日には年初来高値からの下落率が10%程度まで高まり、値ごろ感が意識され始めた」との声が聞かれた。 特に、前日までの下げがきつかったハイテク株などに見直し買いが流入している。日経平均株価の上昇幅は一時500円を超したが2万8000円に接近する場面では戻り売りが出ている。   前日の米株式相場が大幅上昇したのも投資家の買い安心感...

a