兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
【知って得】日経マーケット面で流れを読むには

日経新聞は仕事に欠かせない存在である人も多いでしょう。 
株取引にも大変役立つので、是非参考にしましょう。 

前日のニュースが載っているのが新聞の朝刊。 
株価が上昇した時には強気の記事が増え、下落した時には弱気のコメントばかりというマーケット完全連動型であることは困ったところですが、重要なのは、記事やコメントではなくデータです。 
無味乾燥なデータの羅列の中に真実があるのです。 

例えば、誰もが強気になっていた2018年1月、日経平均2万4000円の日。 
東証1部の時価総額は700兆円を超えていました。 
これは名目GDP480兆円の約1.45倍。 
世界的な法則では「名目GDPの1.5倍を越えて株価は上昇しない」ですから、当然警戒すべきだったのです。 
解説はありませんでしたが、数字がそれを物語っていました。
 

こうした数字の囁きを自分で感じることができれば、日経新聞はそれこそ「情報の宝庫」なのです。 

相場で重要なことの1つは定点観測です。 
面倒くさいことですが、このことなくして相場観はなかなか育成されません。 
日々数字を見ることで肌が感じてきます。「アレ?」という違和感こそが重要なのです。 
株式投資で重要なのは「ケア」あるいは「注意」。
それぞれの指標や動きを気に掛けること。 
株価材料は、平等に目の前を通り過ぎています。
気付くか気付かないかの差は大きいです。 

最後に、証券マンなり立てのころに、先輩に「見ておけ」と言われた数値を並べておきます。 
まずはこれらを追ってみてください。 

・新高値銘柄数(100を超えると期待):新安値銘柄数(100を超えると警戒) 
・騰落レシオ(70%を割れたら買いゾーン、150%を超えたら警戒ゾーン) 
・日経平均Y(20を超えてくると警戒) 
・日経平均採用銘柄PER(アベノミクス以降は13倍〜16倍のレンジ) 
・空売り比率(40を超えると相場低迷、割れると上昇基調) 
・信用評価損率(木曜日:通常はマイナス10%程度、プラスになると相場反転) 
・裁定残(毎週木曜:買い残の限界は6兆円、売り残は3000億円を割れると相場反転
) 


【株式名言】 
上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り
 


コラム
英明コラム7月第4週 マーケットストラテジーメモ
「英明コラム7月第4週 マーケットストラテジーメモ」

《マーケットストラテジーメモ一覧へ》 《マーケットストラテジーメモ》7月第4週   26 日(月): 週末のNY株式市場で主要3指数は揃って4日続伸。主要3株価指数は終値ベースの過去最高値を更新した。背景は「好決算と経済回復の兆し」との解釈。NYダウは史上初の3万5000ドル台乗せとなった。3万ドルに乗せたのは昨年11月。半年で5000ドルの上昇となった。「ジェットコースターを逆にしたような動きだ」と言う声も聞こえる。S&P500採用銘柄のうち120社が第2四半期決算を発表済み。88%がコンセンサスを上回った。S...

Eimei みちしるべ
みちしるべ 21年08月02日号


注目トピックス
マザーズ市場展望
マザーズ市場展望

マザーズ指数が下値を切り下げる展開となっている。7月は月末にかけて売りがかさんでおり、次々と直近安値を割り込んでいくパターン。5月に付けた年初来安値1042ポイントが迫ってきている。  マザーズでは投資家心理の悪化もあって主力銘柄に売りが出ている。積極的に下値圏では買いが入る場面もあるが継続性がなく、需給状況は徐々に悪化している印象だ。   30日の大幅安は月末要因もあったようだが、中国のネット規制など新たな不透明材料も浮上しており、積極的にマザーズ銘柄を買いにくい地合いは続きそうだ。   今後、修復相場はありそうだが、こういったジリ安基調に入ってしまっ...

NY株/欧州株概況
NYダウ反落、アマゾンなどの下落が重し
【市況】NYダウ反落、アマゾンなどの下落が重し

  30日のNYダウ工業株30種平均は反落し、前日比149ドル06セント安の3万4935ドル47セントで終えた。主力ハイテク株に売りが波及したほか、月末とあって持ち高調整の売りが景気敏感株の一角に広がった。   前日夕に4〜6月期決算を発表したアマゾンは、売上高が市場予想に届かなかったほか、7〜9月期の弱気の業績予想が嫌気され、売りを浴びた。経済活動の再開に伴い、インターネット通販事業の売上高の伸びが鈍化傾向にあることが示され、他の電子商取引企業にも売りが波及。コロナ禍で広がった「巣ごもり」需要鈍化への懸念から、ハイテク大手の一角も売られた。 ソフトウ...

毎日コラム
株式投資は定年退職が無い

いつの間にか「人生100年時代」なんて言われている。
それは、「多くの人が100年の人生を生きることが当たり前になる」時代が来るということ。しかも、その「100年人生時代」の到来は、はるか先の話ではなく、今を生きる私たち自身に関わる話だろう。

気がつけば60歳。これからどうするか?
これからどうするかが素朴な悩みだろう。

60歳で定年を迎えた人の多くが再雇用制度を利用して、引き続き同じ組織で働き続けていける。まだ少しは働ける。
でも、70歳になっても、あと30年あると考えると結構重いもの。

コルフの飛距離も落ち、読書、ハイキングなどで、毎日が楽しいかと言うと・・・いささか疑問。
我々、ポスト団塊の世代は、年金をしっかり貰えるかもあやしい。
今の若い人たちは、コツコツとお金をためているようだが、そんなことを考えなかった60代は、積み立て投資など殆どやっていないのではないだろうか。
なんだかな? でも、これからの人生悪いことばかりではないだろう。

政府は、「一億総活躍社会実現、その本丸は人づくり」と言っている。
子供たちの誰もが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。人生100年時代を見据えた経済社会の在り方を構想している。

働いて稼ぐのも1つ。でも、これも限界がある。
現役世代のように、汗を流さないで稼ぐのにぴったりなのは「株」。
株式投資に、新人、定年はない。75歳になったから「卒業」する必要もない。
新人だってやり方次第では勝てる。

株式相場の世界にいてよかったと思うことの1つは、何かニースや話があると、いつも勉強が出来ることだ。話題豊富な人間にもなれる。モテるかはわからない。

日々刻々と変化してやまない相場の世界を相手にしているときっと毎日が新鮮になれるだろう。
「長生き地獄」なって言葉とは無縁の日々が送れるだろう。

<株式名言>
相場は明日もある


株ちゃんの明日読み
来週はもみ合い展開か

来週はもみ合い展開か

    今週は軟調展開となった。 東京株式市場が大型連休の間、ダウ平均が終値で初の3万5000ドル台に到達するなど米国株は強い動きを見せた。 日経平均は連休前が弱かった反動もあり、26日、27日は連日で3桁の上昇。ただ、高くなったところでは2万8000円が壁となった。 そのような中、東京では新型コロナウイルスの新規感染者数が急増。28日はこれを警戒して大幅安となった。米国株が7月FOMCを無難に消化したことを好感して29日は上昇したものの、30日は弱材料が多く500円近い下落。直近安値を下回り、2万7200円台まで下落した。 日経平均は週間では約26...

相場概況(大引け)
498円安と反落、コロナ感染拡大1月以来の安値
東京株式(大引け)=498円安と反落、コロナ感染拡大1月以来の安値

【大引け概況】 30日の日経平均株価は大幅に反落し、前日比498円83銭安の2万7283円59銭で終えた。1月6日以来の安値となった。 本日のマーケット動画 時間:00:01:34 容量:13.92M 過去のマーケット動画はこちら   前日の米株式市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)を経てテーパリング(量的緩和縮小)に対する警戒感が後退したことが引き続き好感され、NYダウとナスダック指数は上昇した。ただ、東京株式市場は値を下げてスタートし、後場にかけ下げ幅を拡大し一時500円を超す下落となった。月末の下落は1...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反落、地合いが悪化
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反落、地合いが悪化
 

日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前日比26円65銭安い3953円15銭だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京市場全体の地合いが悪化する中、個人投資家も手じまい売りを強めた。 今期見通しを据え置いたセプテニHDが売られたほか、シンバイオが下落した。半面、ウエストHDが一時、初めて5000円台まで買われたほか、プロルートも上昇した。 ジャスダック市場の売買代金は概算で421億円、売買高は1億1646万株だった。値上がり銘柄数は157、値下がり銘柄数は450となった。   個別ではオンキヨーホームエンターテイメントがストップ安。セプテーニ・ホールデ...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は反落、プロパテDB、直近のIPO銘柄の下落
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、プロパテDB、直近のIPO銘柄の下落

東証マザーズ指数は反落した。終値は前日比29.33ポイント安い1085.34と、およそ2カ月半ぶりの安値を付けた。 国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、景気の不透明感が高まった。収益成長の鈍化への懸念から増益決算を発表した銘柄の一角にも売りが出た。直近の新規株式公開(IPO)銘柄の下落を受けて損失拡大を避けるため、保有株を売却する動きも出たようだ。 ジーエヌアイやBASEが下落した。一方、GWやウェルスナビが上昇した。   調整地合いが続いたことで「信用取引の評価損益率が徐々に悪化している」という。月末安のアノマリーも意識され、休日を前に手じまい売りや見切...

相場概況(前引け)
373円安と大幅反落、新型コロナ感染再拡大を懸念
東京株式(前引け)=373円安と大幅反落、新型コロナ感染再拡大を懸念

30日午前の日経平均株価は反落し、前日比373円16銭(1.34%)安の2万7409円26銭だった。   NYダウは3日ぶりに反発し、153ドル高となった。4-6月期の国内総生産(GDP)速報値は実質ベースで前期比年率6.5%増と市場予想を下回ったが、個人消費の強さが好感された。連邦準備理事会(FRB)が当面のあいだ金融緩和策を維持する姿勢を示したことや、堅調な企業決算も相場を押し上げた。   ただ、国内で新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、経済活動の再開の遅れを懸念した売りが出た。 国内で29日に確認された新型コロナの新規感染者は初めて1日当たり...

a